自由民主党足立区 WebSite

議員ブログ<鳩山元首相のイラン訪問に思う<足立区議会議員/鹿浜 昭/2012年 4月17日(火)のブログ>>。自由民主党足立総支部連合会所属議員のブログです。

  • 東京都議会議員選挙
  • 燗なおき
  • ほっち易隆
足立区議会議員/鹿浜 昭 リレーブログ【第873号】

鳩山元首相のイラン訪問に思う

【2012年 4月17日(火)】
 米軍普天間飛行場の移設問題で混乱を招いた鳩山元首相が、また迷走した。
 我が自由民主党の山本−太参議院議員に、「絶対ろくなことにならない。
日本の国益のために羽交い締めにしてでもやめさせてほしい」言わしめた今回のイラン訪問。
 玄葉光一郎外相は鳩山氏の訪問中止を求めた自民党の山本一太氏の質問に対し「そういう思いもなくもない。
働き掛けを全くしていないわけではない」と述べた。
さらに「あたかも政府の代表であるかのように行って政府の方針と違う立場で臨む二元外交にならないよう慎重な対応を促したい」と語り、「考え直してくれ」「行かないでくれ」と言っても、頑として自分の主張を曲げない頑固さはいかがなものか?
 それが良い方向性での頑固さなら良いのですが、誰の目にも「間違っている」「利用される恐れが強い」という状況で決行してしまうのだからあきれてものも言えません。
 今回の批判の要点は、アフマディネジャド大統領との会談で「国際原子力機関(IAEA)は二重基準を適用しており公平ではない」と、イランに対して厳しい見方をしているという、イランびいきの発言をしたと報じられたこと。
「私はそんな意味の発言はしていない!」と怒った顔して訴えてましたけど、周りの人はみんな「だから行くなって言ったんだよ!」と怒るばかりです。
 自分の思いつきを咄嗟に行動に移してしまう鳩山元首相、の巡り合わせとは言え一国の総理を務めた人ですから、自分の発言や行動が周囲にどう解釈されるか?とか、考えて欲しいと思います。
 野田首相はこのように外交センスのない人を党の外交顧問にしたんです。
民主党政権って日本の国益ってものをどう考えているんでしょうか?私には理解できません(-_-)
鹿浜 昭の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
文教委員会 委員
待機児童・子どもの貧困対策調査特別委員会 副委員長

足立区議会議員/鹿浜 昭のブログ一覧
  • 2015年 4月16日(木)<投票率の低さが際立った統一地方選挙前半戦>
  • 2015年 1月16日(金)<新年のごあいさつ>
  • 2014年 1月16日(木)<新年のあいさつ>
  • 2013年 9月16日(月)<7年後のTOKYO>
  • 2013年 1月17日(木)<安倍ノミクス発進>
  • 2012年11月17日(土)<迫力あった党首討論>
  • 2012年 7月17日(火)<尖閣諸島購入問題>
  • 2012年 5月17日(木)<生活保護制度>
  • 2012年 1月17日(火)<伝統文化の継承>
  • 2011年12月17日(土)<今年の漢字「絆」>
  • 2011年11月17日(木)<竹島問題>
  • 2011年10月17日(月)<正にスポーツの秋です>
  • 2011年 8月17日(水)<終戦記念日と靖国問題に思う>
  • 2011年 6月17日(金)<至誠通天>

  • top