自由民主党足立区 WebSite

議員ブログ< 2011 年 8月のブログ>。自由民主党足立総支部連合会所属議員のブログです。

  • 東京都議会議員選挙
  • 燗なおき
  • ほっち易隆
都議会議員/三原将嗣 リレーブログ【第800号】

民主党政権の終焉近し

【2011年 8月26日(金)】
 やっと菅首相の引退が決定的となった。
日本の政治で最も重要な「震災復旧・復興」という時に、民主党政権・菅内閣であったことは、被災者の方々だけでなく国民的不運だったと、誰もが思っている。
退任が「一日のびれば一日不幸」とすら感じられる、ムダな3ヶ月であった。
 しかも後継者選びも奇奇怪怪である。
かつて自民党政権時代に、派閥政治を糾弾した民主党が、○○グループと称してりっぱな派閥政治を展開しているのに、国民やマスコミはなぜ追及しないのか。
 それは、もう民主党をあきらめ、来年の7月頃は総選挙で民主党敗退と読んで、いまやあきらめているからだろう。
 国家的ムダな3年間ということだ。
三原将嗣の他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長
都議会議員/高島なおき リレーブログ【第799号】

平和と国益

【2011年 8月24日(水)】
66回目の終戦記念日を迎えた。
嘆くべきは、310万人もの犠牲者を出した惨状が風化してきていることだと思う。
「平和ボケ」が続き、国家観・民族観・世界観が置き去りにされ、一時的な快楽主義が偏重。
テレビ番組を見ていてもバラエティーだらけで思想性を感じる機会が少ない。
その中で、先日放送されていた日系アメリカ人の庭園造りに関する特集に感動した。
大戦開始直後、日系という理由だけで強制収容・法律の根拠もなく全てを剥脱した。
自由と人権の国・アメリカでのことだ。
涙ながらに収容所以後の苦難を語る日系人に現実の厳しさを痛感した。
国際関係は国益至上で個人の入る余地はない。
政局のゴタゴタは日本を危険にさらしている。
高島なおきの他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長
警察・消防委員会
足立区議会議員/鹿浜 昭 リレーブログ【第798号】

終戦記念日と靖国問題に思う

【2011年 8月17日(水)】
 8月15日、自民党都連青年部・学生部主催の靖國神社参拝に馬場議員と共に初めて参加してきました。
 66回目の終戦記念日を迎え、私たちがこうして平和に過ごせるのは、先人の皆様が命を懸け、この国土を守り抜いていただいたお蔭さまという感謝の気持ちで、英霊に参拝してきました。
さて、毎年問題になりますが、靖国神社参拝の何がいけないのでしょうか?
1.公人の参拝は政教分離に反するから?
2.靖国神社にA級戦犯が合祀されているから?
1については、そもそも公人もまた国民の一人なわけだから参拝する権利、いわゆる信教の自由があるのではないでしょうか。
2については、A級戦犯の人たちも戦争の時代に生まれた被害者と考えるべきではないでしょうか。
 戦争を知らない私たちの世代としては、海外から批判を受けたり、責められたりするのはお門違いではないかと感じてしまいます。
 最後に、現在の平和のありがたさを改めて実感すると共に、子ども達にこの平和を継承することが我々の最低限の宿命であると痛感しました。
鹿浜 昭の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
文教委員会 委員
待機児童・子どもの貧困対策調査特別委員会 副委員長
前足立区議会議員/ほっち 易隆 リレーブログ【第797号】

日本の底力!

【2011年 8月16日(火)】
3月11日の震災以来、世の中のムードが暗く感じるのは私だけではないと思う。
現在行われている高校野球を見ると毎年、感動をもらうが、今年は更に高校球児から元気も与えてもらっている様に感じる。一球一球が常に真剣勝負。
勝敗に関わらず、すがすがしい気持ちにさせてくれる。
私達も何事に対しても常に全力投球で取り組んでいきたい。
きっとその先に明るい光が見えると思う。
「日本の底力」みんなで見せましょう。
ほっち 易隆の他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長

文教委員会

/馬場 信男 リレーブログ【第796号】

足立区の教科書採択

【2011年 8月14日(日)】
8月9日の足立区教育委員会定例会で、区立中学校が来年から4年間使用する教
科書が決定された。
歴史・公民の教科書は、民主党政権下で検定が歪められているので注意するよう
教育長に申し入れていたが、残念ながら叶わなかった。採択された教科書は、歴
史・公民とも日本文教出版だ。おかしな記述の例として「外国人参政権問題」に
は、こうだ。『しかし、公務員への門戸は広がりつつあるものの、選挙権はなお
制限されています。また、入居や就職などでの差別も残っています。これらの人
々の人権保障については、日本で生まれ生活していることや、歴史的な事情が考
慮されなければなりません。』これは正に、民主党のマニフェストそのまんま。
正しい教科書の育鵬社版では『外国人にも人権は保障されますが、権利の性質上、
日本国民のみにあたえられた権利は、外国人には保障されません。例えば、選挙
権や公務員になる権利は、国家の意思を形成するという国民主権にかかわる権利
であるため、本来、国民のみに保障された権利であると考えられます。』これぞ、
正しい記述。日本国籍を持たない外国人に日本の選挙権を付与しないことは合憲
であり、権利の平等、不平等の問題ではないことは最高裁の判決でも示されてい
る。参政権を得たければ、日本国籍を取得すればよいことで、流入してくる多く
の外国人に選挙権を与えてもよいと考えている国民はごく一部、少数派である。
8月15日の日本武道館、全国戦没者追悼式で小池百合子自民党総務会長の隣の
民主党議員。国家斉唱で起立はしたものの、口は真一文字で斉唱しなかった。こ
んな国民が増えないように、しっかりした教科書を採択しなければ。
馬場 信男の他のブログを見る
足立総支部連合会 広報委員長
産業環境委員会 副委員長
エリアデザイン調査特別委員会 委員
足立区議会議員/吉岡 茂 リレーブログ【第795号】

新たな学び《菅内閣に要望書を提出し思うこと…》

【2011年 8月11日(木)】
 残暑お見舞い申し上げます。
8月15日に議長会の役員9名で首相官邸に出向き、内閣総理大臣あてに『放射能汚染の適切な対応を求める要望』と『災害応急対策の充実について』の要望書を提出してきた。
我々に対応したのは福山官房副長官。
我々の要望に対し熱心に耳を貸してくれた。
また適切な答えをいただいたように思えたが、それと同時に「あれ、ちょっと待てよ。
この菅内閣はもうすぐ退陣だよな。
せっかく要望したのに大丈夫かな?」という疑問が脳裏をよぎった。
そして多くの国民も今の政治に対し強い不信感を抱いているのでは…と今更ではあるが改めて学んだ気がする。
一刻も早い政治への信頼回復に向け自民党は全力で突き進む。

『学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるかを思い知らされる。自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる。』“アインシュタイン”
吉岡 茂の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
文教委員会 委員長
災害・オウム対策調査特別委員会 委員
足立区議会議員/古性 重則 リレーブログ【第794号】

アメリカ発世界同時不況!?

【2011年 8月10日(水)】
 アメリカの国債格付がAAAからAA−に変更された。
 それを受けて米国の株価が暴落、それが日本の市場にも即影響した。この円高
・株安が巨大震災で苦しんでいる日本の国に更に大きな国難としてのしかかって
来てしまいます。
「がんばろう日本!!」は東日本の被災地のみならず、本当の意味で日本全体が
頑張らなければなりません。そしてそれを導くのは他でもなく「政治の力」であ
ります。菅総理が一日も早く退陣し、新たな政権で国難を乗り切りましょう!!
古性 重則の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
議会運営委員会 委員
総務委員会 委員長
待機児童・子どもの貧困対策調査特別委員会 委員
足立区議会議員/くじらい 光治 リレーブログ【第793号】

がんばれ東北

【2011年 8月 8日(月)】
 先日、岩手県南三陸町の防災センターを目の前にして思わず手を合わせた。
「津波が来ます。早く逃げてください!」と自分の命をけずって町民のために散っ
た若き女性の声をテレビで見たところに実際立ってみて、現状のすごさに声を失っ
た。
 これから復興までに何年かかるかもしれないが、東北の方々の粘り強さを発揮
して、少しでも早い復興を祈る。
くじらい 光治の他のブログを見る
足立総支部連合会 副幹事長
産業環境委員会 副委員長
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員
足立区議会議員/新井 ひでお リレーブログ【第792号】

四面楚歌

【2011年 8月 5日(金)】
 菅内閣の支持率が終に18%となり鳩山由紀夫前首相を抜いた。
「辞める。」と言いながら居座りを模索している有様が無様である。
野党や党内の反対勢力が批判するのは当然のことながら幹事長等の側近からも退陣を迫られており正に四面楚歌と言えるのだろう。
そもそも何故菅総理は駄目なのか、それは震災対応、内閣の意思決定、官僚との関係、原発政策の混乱、外国からの献金及び市民の党等との関係等々で上げれば限がなく総理失格と言うことなのだろう。
私達、自民党区議団は8/1〜3まで南三陸、石巻等の被災地を視察してきたが、やはり被害は甚大で復興への道のりは険しく早急な追加対応が望まれます。
その意味でも当たり前の事であるが自分の権力維持ではなく国民の事を考えられる総理が待望される。
ところで先頃、党首候補とまで言われていた海江田経産大臣だが委員会で感極まったのか泣いてしまった。
選挙で泣いてお訴えすることは間々あるが政治活動での「涙」は禁物と言われる。
米国では「泣いたら負け」が政治文化だそうだ。
小さい頃、親に「男のくせに泣くな、見っとも無い。」と言われてきたが、
森田健作流に言えば涙=青春といえるかも。
識者によると「涙の効用」もあるようで一概に良い悪いとは言えないのを承知の上で敢えて言わせてもらえば「辛いのかも知れないが甘えるな」国会議員ともあろう立場の人間が劣化している。
新井 ひでおの他のブログを見る
足立総支部連合会 政調会長
議会運営委員会 委員長
建設委員会 委員
足立区議会議員/せぬま 剛 リレーブログ【第791号】

マスコミに登場する反原発の学者や教授達に対応

【2011年 8月 4日(木)】
私達議員には資料を送ってくる原発や、放射能の説明文書、これを基に区民には伝えているが、圧倒的なマスコミの発言に、一般区民は、反原発意識で反論してくる。
この発信者はもともと反原発の人達ではないか。
党は正しい情報を国民に伝え、風評を抑える努力をしなければならない。
国家の行末をまったく考えない言論に正論を発しなければならない。
どうどうと、やって欲しいとは国民が望むところである。
せぬま 剛の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
総務委員会 委員
エリアデザイン調査特別委員会 副委員長
足立区議会議員/白石 正輝 リレーブログ【第790号】

政策実現

【2011年 8月 2日(火)】
 皆様のお力添えのお陰さまで、足立区も日一日と発展しこの町に住んで良かったと、実感できる町になりました。
私も皆様方のご協力により、定数削減という厳しい選挙戦を勝抜き、九期目の当選をさせて頂き、今後も足立区発展と区民福祉向上のため全力で努力する決意を固めております。
皆様のご支援を心からお願い申し上げます。
(私が取り組み実現する事のできた政策)
(1)学校給食の完全民営化・各学校で調理する方式採用
(2)学校警備の完全民営化(全校を夜間機械警備に移行)
(3)公立保育園民間委託(十年で二十園を民営化)
(4)保育園児から食材費一部徴収・毎月・一律6000円
(5)各駅前の再開発と鉄道高架を促進する
(6)包括予算の採用・各部に予算決定権付与
(7)小・中学校の学区完全撤廃
(8)小中一貫教育校の実現・当初は二校
(9)議員定数削減56名→50名→45名
(10)大学誘致・東京芸術大学・東京未来大学・帝京科学大学が開学し来年は東京電機大学が開学する予定
(11)保育園へのクーラー設置(食材費徴収分を活用)
(12)小・中学校普通教室にクーラー
(13)清掃職員削減と民営化促進と特殊勤務手当ての廃止
(14)障害者施設(就労・入所)の建設促進と助成拡大
(15)特別老人ホーム増設と助成拡充
(16)認証保育園児保護者負担軽減
(17)Hibワクチン接種の助成
(18)前立腺ガン検診と子宮けい癌予防ワクチンの全額助成
(19)ピロリ菌検診と除菌への助成
(20)竹の塚駅鉄道高架の基金を115億円積み立てなど多くの課題解決に努めてまいりました。
白石 正輝の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員

厚生委員会 委員長
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員
前足立区議会議員/鈴木  進 リレーブログ【第789号】

大正デモクラシー

【2011年 8月 1日(月)】
 本年7月大正100年を迎えました。
 大正の年号は、これまで4回候補にあがっていて、5回目で採用されました。
 大正の時代は、日本史で一番短い時代でしたが、民主主義、自由主義による政
治を目指す、大正デモクラシーが叫ばれ、日本で初めて本格的な政党内閣ができ
たのもこの時代です。
 私は大正、昭和、平成と三つの時代を生き抜いてきました。
 何時の時代も、政治を志す人は、その時代を大きなスケールで見つめる眼が必
要だと感じています。
鈴木  進の他のブログを見る
足立総支部連合会

top