自由民主党足立区 WebSite

議員ブログ< 2011 年 9月のブログ>。自由民主党足立総支部連合会所属議員のブログです。

都議会議員/三原将嗣 リレーブログ【第808号】

前原代議士(民主党)は変だ!!

【2011年 9月26日(月)】
 民主党の「どじょう内閣」誕生にともない、党の政調会長に就任した前原代議士の発言は、実に不可解だ。
 八ッ場ダムについて、昨年の秋から検証を行い今秋に結論を出すことになっているのに「担当大臣が替ってすぐに方向がかわる(ダム建設が最善)のはおかしい」と言う。
 しかし、昨年から規程の方針で今秋の結論だし、大臣が替ったのは民主党の勝手な都合だろう。
大臣が替ったから結論が変るなんて、とんでもない言いがかりだ。
 さらに、「事前に元の担当大臣たる私に説明がない」とも宣った。
それなら前原氏は国土交通大臣に就任して「マニフェストに書いてあるから中止」と発言する前に、直前の大臣に先に報告したのか?当然言っていない。
 まったくデタラメというか、思いつき発言をする変な代議士である。
これぞ民主党の体質。
三原将嗣の他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長
都議会議員/高島なおき リレーブログ【第807号】

政治と緊張感

【2011年 9月24日(土)】
臨時国会開会日に民主党の国会議員が携帯電話のカメラで天皇陛下を国会内でパチリ。
以前も、ある議員から秋篠宮ご夫妻に「早く座れよ」と発言。
「死の町」「放射能をうつす」「タバコ700円」「防衛の素人」など緊張感・モラルのなさは留まるところを知らない。
なぜ、こんなことになってしまったのか。
これはとても悲しいことだと思います。
今、政治家は国を引っ張っていく立場にいて、思考に違いはあっても模範となるべき姿勢を示すべきだと思います。
これらは全てが真逆。
政治は機能しなくなっているのではないか?
自民党も「他山の石」とすることなく国民と向かい合わなくてはならないと痛感しています。
高島なおきの他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長
警察・消防委員会
足立区議会議員/吉岡 茂 リレーブログ【第806号】

内閣再構成の明暗《支持率V字回復の先に見える不安…》

【2011年 9月11日(日)】
台風一過、月は皓々とさえわたり…野田総理率いる[どじょう内閣]がスタートした。
メディアの報道によると政権与党の支持率がV字回復したとのことである。
しかし私は今まで民主党の稚拙で場当たり的な政治を見てきた中で、不安を隠せなかった。
そんな中での小宮山厚労相による[たばこ税]発言である。
党として[消費税増税]の結論も出せない中、就任直後の一閣僚が満面の笑みで[たばこ税増税]について言及している姿には不信感を覚えた。
それに対する安住財務相のコメントも、茶番と言っても過言ではあるまい。
何より断じて許せないのは、鉢呂元経産相である。
鉢呂氏は福島第一原発周辺の自治体を「人っこ一人いない。まさに死のまち」と表現し、さらに自身が着ていた防災服の袖を取材記者にこすりつけるしぐさをし、「ほら、放射能…」と発言したという。
どんな言葉をもってしても表現できないような、許せない気持ちでいっぱいである。
そして同じ政治に身を置く人間として被災地の皆さまに心からお詫びしたい。
野田内閣は初入閣の閣僚が多いと聞いている。
その初入閣に浮かれているようにも見えてしまう。
政権与党はこれ以上政治への信頼を失墜させないよう命懸けで最大限の努力をすべきである。

『人間は思索によってでなく、実践によって自身を認識し、自分のなすべきことを遂行する努力の中にのみ、自らの価値を見出だす。』“ゲーテ”
吉岡 茂の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
文教委員会 委員長
災害・オウム対策調査特別委員会 委員
足立区議会議員/くじらい 光治 リレーブログ【第805号】

夢に向かって

【2011年 9月 8日(木)】
真夏の高校野球で西東京代表の日大三高が見事優勝した。
カントクが選手を信頼し、選手もカントクを日本一のカントクにしたいとの気持ちで戦った。
一つのチームが夢に向かって、一致団結して猛練習に取り組んだ結果だと思う。
スポーツだけでなく、社会でも信頼できるチームづくりが必要だ。カントクさんの優勝スピーチが心に残った。
高校野球の素晴らしさが心に残った甲子園だった。
くじらい 光治の他のブログを見る
足立総支部連合会 副幹事長
産業環境委員会 副委員長
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員
足立区議会議員/新井 ひでお リレーブログ【第804号】

歌手1年、総理二年の使い捨て

【2011年 9月 5日(月)】
 標記は竹下元総理が官房長官の頃に言っていたと思う。
今では1年の使い捨てが当たり前で、ダメ菅で5人目だ。
ただ国民が「もう辞めてくれ」といっているのだから、これは自業自得であろう。
しかし、菅元総理は最終最後まで碌な事をしなかった。
退陣間際の8/29朝鮮学校への高校授業料の無償化手続きの再開を指示した。
(因みに自民党は強く抗議し反対決議を採択している。)全く何を根拠に国際状況が変わったというのだろう。
やはり親北体質、思いつきばかりの菅氏のなせる業だ。
さて、戦後3番目の若手とされるドジョウ総理の誕生だが、あまりにも前総理が悪すぎたので期待されるところだろう。
増税論はさておき、確りした歴史認識のもと国家観は良いのではないか。
心配は周りの取り巻き、党執行部や閣内に日教組・左翼・組合の大御所もいるようだしブレなければ良いが。
ともかく震災復興をはじめ山積している課題に早急に取組んで欲しい。
新井 ひでおの他のブログを見る
足立総支部連合会 政調会長
議会運営委員会 委員長
建設委員会 委員
足立区議会議員/せぬま 剛 リレーブログ【第803号】

平成の今の世にもいる! 日本を守る人々

【2011年 9月 4日(日)】
2011・8・21、お台場の、フジテレビ前へは54人の憤る人々が集った。
先頭に立つ、水島稔、田母神俊雄、小磯明、松浦芳子、皆、真に日本を愛し、日
本を誇りある国へ再生しようという人達だ。現在テレビは売国的反日キャスター
が得意気に語り、連日韓流ブームなるものを造り、低俗化へ向っている。そして
危険な人権救済法案等は報道しない、真に日本を思うマスコミ人は少数しかいな
いのか。身体を張って日本を守る人達に応援協力しよう!

せぬま 剛の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
総務委員会 委員
エリアデザイン調査特別委員会 副委員長
足立区議会議員/白石 正輝 リレーブログ【第802号】

東日本大震災被災地を視察

【2011年 9月 2日(金)】
 去る8月1日〜3日、足立区議会自由民主党は、東日本大震災で20000人に上る尊い人命と膨大な財産を喪失した被災地、岩手県と宮城県の復旧と復興を視察するため現地を訪れた。
 新聞・テレビで見るのとはまったくちがい津波による破壊の凄まじさは想像を絶するもので息を呑むものであった。
 この震災は、津波はもちろんそれに続く福島原発事故にともなう被害の拡大は政府の初動体制の遅れと、不手際や不統一のため五カ月を経た8月でも「瓦礫処理・再建への不透明さ」による被災地の不満不安は極度に達しており、指導力不足の民主党政権に対する不満は高くいまこそ政治の主導権を確立し復興に全力で取り組まなければならないと、あらためて決意をかためた。
白石 正輝の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員

厚生委員会 委員長
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員
前足立区議会議員/鈴木  進 リレーブログ【第801号】

先祖を敬う

【2011年 9月 1日(木)】
 暑さ寒さも彼岸までと言いますが、まだまだ蒸し暑い日が続きます。
 春分の日と秋分の日は、昼夜の長さが同じになる事は知られています。
 祝日法によれば、春分の日は、自然をたたえ、生物をいつくしむ日で、秋分の日は先祖をうやまい、なくなった人を偲ぶ日となっています。
 春の彼岸は牡丹餅を食べ、秋の彼岸はおはぎを食べます。
 私はどちらも大変好物です。

鈴木  進の他のブログを見る
足立総支部連合会

top