自由民主党足立区 WebSite

議員ブログ< 2012 年 1月のブログ>。自由民主党足立総支部連合会所属議員のブログです。

  • 東京都議会議員選挙
  • 燗なおき
  • ほっち易隆
都議会議員/三原将嗣 リレーブログ【第847号】

事前談合 反対!!

【2012年 1月26日(木)】
 国会では「社会保障・税一体改革」の議論が始まろうとしている。
民主党は事前協議を求めているが、とんでもないことである。
 民主党はマニフェストで「消費税は上げない」と主張したはず。
しかも野田首相は「書いてあることは命がけで実行する。
書いてないことはやらない。
これがルールです」と説明してきた人だ。
災害復旧の様な一刻を争う案件は事前調整もあるだろうが、一国の将来を決する、一億国民が負担をすることを、コソコソと密談されてはたまらない。
 特に、今回の増税案については、表舞台で国民も含めた堂々の議論が展開されるべきで、法案を国会に提出したら、議決の前に解散・総選挙をやるべきである。
三原将嗣の他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長
都議会議員/高島なおき リレーブログ【第846号】

責任を持って政策立案を

【2012年 1月24日(火)】
「子育て」で大切なことの一つに、間違ったこと、悪かったことを教えるならば「素直に感謝すること」を忘れずに教えなければならない。
社会は共同生活なのだから基本的な「生き方」が重要なのだ。
政治の世界も同一。
約束したことは守らなければならないし、偽りは言語道断。
ところが、政権交代3年で民主党のマニュフェストはほとんどが壊滅状態。
それに対して認め、謝罪の言葉は皆無。
言い訳ばかりが目につく。
子供じゃないのだから自分達で客観的な評価をし、国民に現実を認めるべきだ。
自民党も他山の石とすることなく自戒を持って政策を練り上げなければならない。
政党支持率の現状を見て思う。
高島なおきの他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長
警察・消防委員会
足立区議会議員/鹿浜 昭 リレーブログ【第845号】

伝統文化の継承

【2012年 1月17日(火)】
 新年あけましておめでとうございます。
新春恒例の箱根駅伝が、正月2・3日の2日間行われました。
優勝校の東洋大学の走りも立派でしたが、神奈川大学の選手が襷リレーする寸前、脱水症状に陥り何度も転倒しながら、必死で襷を渡した執念の姿が印象に残りました。
 駅伝は日本発祥の競技です。
次の走者へ襷をつなぎ、勝利を託す姿が日本人の共感を得るのではないかと思います。
つなぐということで、伝統文化の継承について触れさせていただきます。
 政府は、東日本大震災における東北地方の再生において、増税などの財源の議論ばかりで、地元の伝統や文化といった要素を、あまり重要視していません。
 福島県では1000年以上の歴史を持つ神事である相馬野馬追などをはじめ、宮城県には、日本三景の一つである松島、仙台の七夕祭り、岩手県の三陸地方では、神楽、七つ物・七つ踊り、剣舞、鹿踊などの伝統芸能があります。
 被災地のアイデンティティー、培ってきた伝統文化をどう維持していくかも重要な論点にすべきではないでしょうか。
 決して無くしてはならない大切な日本の伝統文化、後世に伝えていくことが、私たちの使命なのです。
鹿浜 昭の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
文教委員会 委員
待機児童・子どもの貧困対策調査特別委員会 副委員長
/馬場 信男 リレーブログ【第844号】

足立区が選んだ教科書

【2012年 1月14日(土)】
昨年はこの4月から4年間、区立中学校で使われる教科書を選ぶ年でありました。
我々自民党の足立区議団は、民主党政権の下で左翼的な教科書がいくつも文部科学省で認可されている現状を危険視し、あぶない表現の教科書を採択すべきでないと主張して来たのですが、残念ながら取り入れられませんでした。
その結果を受けて12月定例会本会議で出された質問を二つ記します。
(自民党からの質問)教育基本法が改訂され、国を愛する心をきちんと子どもたちに教えることを十分に酌んだ教科書が採択されるだろうと期待していた。
しかし、教育委員会の中で「先生が使いやすい、自主的に学習しやすい」教科書と議論されている。全く子どもを思った心が、この会議からは伝わってこない。
 採択された公民の教科書(文教出版)の「自衛隊は憲法に違反している等々の意見があります」という事が記載されている。
日本の国難にあたって、どれだけの被災者が自衛隊に感謝したか、手を合わせたか、涙を流したか。
そんな自衛隊を違憲だという意見のある人がまだいますという教科書を、この事に何の議論もなく採択している。
(他会派からの質問)足立区が採択した公民の教科書には、「在日韓国・朝鮮人差別」の説明として「公務員への門戸は広がりつつあるものの、選挙権はなお制限されている」と記されている。
外国人参政権がないことを差別として一方的に説明しているが、参政権は日本国民固有の権利であると最高裁判決が出ている以上、両論を併記するべき分野である。
馬場 信男の他のブログを見る
足立総支部連合会 広報委員長
産業環境委員会 副委員長
エリアデザイン調査特別委員会 委員
足立区議会議員/吉岡 茂 リレーブログ【第843号】

社会を見直すとき《思考する政治を》

【2012年 1月11日(水)】
 謹んで新春のお慶びを申し上げます。新成人の皆さんもおめでとう。
昨今では投票率向上運動やSNSでの政治評価等、若者の政治への意欲的な態度も垣間見える。
 若者がより国家に目を向けるようになった契機の一つでもあったに違いない。
3月11日。東北地方太平洋沖地震は、永遠に語られていかなければならない。
天災に始まり世界中で吹き荒れた未曾有の事態の数々は、既存の社会体制の様相を、改めて浮き彫りにする事となった。
 今年は思考する年にするべきだ。
深く思い、真に考えることのない行動は、どれだけ大胆で勇ましくとも、未来には繋がらない。
かといって思い悩み、無闇に考えてばかりでは事態は動かず、何の解決にもならない。
中途半端な現状回避ではなく、冷静な選択を導く必要がある。
現政府はどうだろうか。
震災への対応・対策、原発問題、社会経済の改善策、領土問題やTPPを始めとする様々な体外交渉の採るべき道…国を思えば考えるべきことは山積している。
何事もまずは自分から。
この足立区から。
未来を思考し実現されるというベクトルの始点を生み出せるよう、邁進していく所存である。
『思索する人として行動し、行動する人として思索せねばならない』“ベルグソン”

吉岡 茂の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
文教委員会 委員長
災害・オウム対策調査特別委員会 委員
足立区議会議員/くじらい 光治 リレーブログ【第842号】

新年の年頭にあたり

【2012年 1月 8日(日)】
 昨年は大変に厳しい一年でありました。
 今年は区制80周年の年、明るい足立をめざして区民の幸せを少しでも多くしていかなければならない。
 念願であった竹の塚駅周辺の高架化が事業許可となり、この秋には工事が始まるようになった。
議員として13年間言い続けたことが実現する年である。
しっかり見守っていきたい。
 今年一年勝負の年であります。
くじらい 光治の他のブログを見る
足立総支部連合会 副幹事長
産業環境委員会 副委員長
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員
足立区議会議員/新井 ひでお リレーブログ【第841号】

皇紀2672年 国難を乗り越えよう!!

【2012年 1月 5日(木)】
 謹賀新年
 本年も宜しくお願い申し上げます。
 さて、日本は今、千年に一度とも言われている東日本大震災にみまわれ、かつ福島の原発事故により国家的危機の状況であります。
言わば、この国難をどう乗り越えるかが今年の大いなる課題であります。
最近、記事等で暴露されていますが昨年の大震災・原発事故の発生時に政府、原子力関係の官僚、東電等が、率先して行うべき対応、危機管理が出来ていなかったようです。
今後の復興へ向けて組織を見直し、責任の所在を明らかにし、国民全体が共に心から協力できる体制が必要であります。
国・政府の方針が良く見えない中で増税をはじめ、支援ばかり強いるのでは経済は回復しないし国力は劣って行くばかりでしょう。
今こそ教育を含め国家の建て直しをする時ではないでしょうか。
新井 ひでおの他のブログを見る
足立総支部連合会 政調会長
議会運営委員会 委員長
建設委員会 委員
足立区議会議員/せぬま 剛 リレーブログ【第840号】

目だたない自民党! これでは支持率上がらない

【2012年 1月 4日(水)】
TPPに積極参加なのかどうか見えない自民党。
参加ならどう国益を守るのかをハッキリ示すべきだ。
皇室は何としても男系を維持すべきだ。
その方策を示すべきだ。
消費税は増税ならば、生活必需品への特例を決定しこれを対案とすべきだ。
大阪都構想にすり寄るのでなく、財調の仕組みをまとめるよう指導し、都の特別区への権限移譲を進めるよう促してバランスを取り、これを国として方向づけねば自民党はまったく何もしない。
見えないと国民に思われる!

せぬま 剛の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
総務委員会 委員
エリアデザイン調査特別委員会 副委員長
前足立区議会議員/鈴木  進 リレーブログ【第839号】

明るく元気に

【2012年 1月 1日(日)】
 平成24年がスタートしました。
 昨年は震災の影響によって日本全体が沈み込んでいた年でありました。
その影響か、年賀状もだいぶ様変わりしたような気がします。
 しかし、落ち込んでばかりではいられません。
今年は足立区にとって80周年を迎える節目の年でもあります。
 80年前は、十数万の人口が、現在では66万人を超える大きな自治体となりました。
 この素晴らしい足立区を皆様とともに更に発展させ、そして、この日本を明るく元気にしていけるよう邁進してまいります。
鈴木  進の他のブログを見る
足立総支部連合会

top