自由民主党足立区 WebSite

議員ブログ< 2012 年 4月のブログ>。自由民主党足立総支部連合会所属議員のブログです。

衆議院議員/鴨下一郎 リレーブログ【第876号】

効果的ながん対策のために

【2012年 4月30日(月)】
 先日、私が世話人代表を務めます超党派の議員連盟「国会がん患者と家族の会」 の総会を開催しました。
この議連は今や国民病と言われているがんに対して、患者のがん情報の登録・管理を国がすることで、より効果的な対策を講ずることを目的としています。
この日は、関係者から意見聴取し、国が行う場合の課題などを議論しました。
これからも我が国のがん医療水準の向上を目指すべく活動してまいります。
鴨下一郎の他のブログを見る
足立総支部連合会 会長

都議会議員/三原将嗣 リレーブログ【第875号】

石原新党は?

【2012年 4月26日(木)】
 先日、石原都知事は「新党は白紙」と発言されたが、さもありなんと思った。
それは石原新党は「国会解散に合わせて」というのが大原則だからだと私は予測しているからである。
 当初、解散は3月末といわれたが何もなく、次は6月の国会会期末といわれ、それも公選法改正(定数是正等)が出来なければ、今度は「選挙無効」の判決が出るので、とても解散はできない状況である。
 となれば、新党をつくっても総選挙が12月とか来年7月とかになるなら、「手間と金がかかる」となって、石原新党の発足は先にのびるのは当然である。
 石原知事には、「この国難には俺が総理をやるしかない」との強い信念を感じるので、必ず解散、新党、総選挙の順で進むだろう。
 となると、都知事選、首長選、補欠選という大波乱もありそうだ。
三原将嗣の他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長
都議会議員/高島なおき リレーブログ【第874号】

自分で考える時が来た

【2012年 4月24日(火)】
情報化の時代は大衆操作をマスコミが担うようになる。
電波や活字の氾濫は受け手の国民に反論を許さない。
視聴率や購読者を増やすことに主眼を置き国民が飛びつきやすい話題に流されていく傾向がある。
我が国のエネルギー政策に関しても、基本的な問題を総合的に分析し判断していかなけれ
ば、真理は見えないはずであり現状を見据え将来へ向けて納得のいく結論を導くべきである。
現状哲学の巨匠吉本隆明氏の原子力に対する見解などはほとんど取り上げられず片面的主張に終始しているのが残念だ。
ただし最終的には受け手の問題。見なければ良い。
買わなければ良い。それらを含め全て自分で考え判断していく時ではないでしょうか。
高島なおきの他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長
警察・消防委員会
足立区議会議員/鹿浜 昭 リレーブログ【第873号】

鳩山元首相のイラン訪問に思う

【2012年 4月17日(火)】
 米軍普天間飛行場の移設問題で混乱を招いた鳩山元首相が、また迷走した。
 我が自由民主党の山本−太参議院議員に、「絶対ろくなことにならない。
日本の国益のために羽交い締めにしてでもやめさせてほしい」言わしめた今回のイラン訪問。
 玄葉光一郎外相は鳩山氏の訪問中止を求めた自民党の山本一太氏の質問に対し「そういう思いもなくもない。
働き掛けを全くしていないわけではない」と述べた。
さらに「あたかも政府の代表であるかのように行って政府の方針と違う立場で臨む二元外交にならないよう慎重な対応を促したい」と語り、「考え直してくれ」「行かないでくれ」と言っても、頑として自分の主張を曲げない頑固さはいかがなものか?
 それが良い方向性での頑固さなら良いのですが、誰の目にも「間違っている」「利用される恐れが強い」という状況で決行してしまうのだからあきれてものも言えません。
 今回の批判の要点は、アフマディネジャド大統領との会談で「国際原子力機関(IAEA)は二重基準を適用しており公平ではない」と、イランに対して厳しい見方をしているという、イランびいきの発言をしたと報じられたこと。
「私はそんな意味の発言はしていない!」と怒った顔して訴えてましたけど、周りの人はみんな「だから行くなって言ったんだよ!」と怒るばかりです。
 自分の思いつきを咄嗟に行動に移してしまう鳩山元首相、の巡り合わせとは言え一国の総理を務めた人ですから、自分の発言や行動が周囲にどう解釈されるか?とか、考えて欲しいと思います。
 野田首相はこのように外交センスのない人を党の外交顧問にしたんです。
民主党政権って日本の国益ってものをどう考えているんでしょうか?私には理解できません(-_-)
鹿浜 昭の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
文教委員会 委員
待機児童・子どもの貧困対策調査特別委員会 副委員長
/馬場 信男 リレーブログ【第872号】

女性宮家問題

【2012年 4月14日(土)】
 野田総理がやおら発言し出した「女性宮家」創設問題ですが、国民の理解はまだまだです。
しかし、女性宮家ありきで話が進んでいくのには違和感を感じます。
 そもそも総理発言の、ご高齢にもかかわらず多くの公務をこなされ、陛下は体調をくずされた。
陛下の公務を減らす必要があるので、女性宮家創設の議論が必要と言っているのは、大いなる誤解(ウソ)。
陛下の国事行為は年に700件ほど。
宮中日程をあまたこなされ、土日も有りません。
先般入院の折、公務を代行されたのは皇太子殿下。
女性宮家が代行する事は全くないので、全くの誤解(ウソ)。
 また、陛下が退院された日に、「宮内庁は女性宮家創設を検討している」の新聞報道となった。
これは、世論づくりを狙って宮内庁が流した、まさに官製スクープではないでしょうか。
これでは、皇室を敬う人達はみな賛成してしまう。
国民の善意を逆手にとった形。
 巧みな聞き方も問題。
「女性宮家」が必要ですか?と聞かれれば、そうかも知れませんね、となる。
しかし平時に、陛下がご多忙のようです。
皇室成人女性に民間から「ムコ養子をとる」べきですか?と問われれば、民間人がいきなり皇族ですか??となるのです。
ムコ養子が必要であれば、まったくの民間からより、旧皇族からの養子の方が、皇室の貴さが保てますし、マッカーサーのあやまちを改善できますよね。
馬場 信男の他のブログを見る
足立総支部連合会 広報委員長
産業環境委員会 副委員長
エリアデザイン調査特別委員会 委員
足立区議会議員/吉岡 茂 リレーブログ【第871号】

新年度を迎えたいま考えること《我々「大人」たちが進むべき道》

【2012年 4月11日(水)】
春の嵐に負けずに咲き誇る桜の花が、新たな舞台へと進んでいく人々を祝福しているかのように見えた。
新年度を迎えるにあたり、美術家の森村泰昌氏の言葉から、今我々「大人」たちが進むべき道について考えたい。
毎回最後に記している名言を今回は敢えて冒頭に記させていただく。
『大人とは、やがて訪れるであろう死を意識することで自分の為すべき使命を知る存在のことである。権威を振りかざし威圧することは何の関係もない』“森村泰昌”
「大人」が知るべき使命とは、次世代へと繋がる社会を作っていくことではないか。
過去を受け止め、伝承し、しかし未来に自らの問題を残さないよう努めることではないか。
しかし実際には、権威を振りかざし、あるいは自らの保身を第一に行動してしまう。
そんな人が少なくないのが、現状だろう。
必要なのは「覚悟」なのだと思う。
それは、目的のために犠牲を許す覚悟ではない。
未来のために、自らを省みない「覚悟」である。
精緻で、かつ他人を納得させるだけの心ある言葉…「覚悟」のある言葉。
そんな言葉を、政治を含めた現代社会で、どれだけの「大人」が使っているだろうか。
私たちが「大人」で在ることができるよう、今一度、考える必要があると思っている。
吉岡 茂の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
文教委員会 委員長
災害・オウム対策調査特別委員会 委員
足立区議会議員/古性 重則 リレーブログ【第870号】

満開の桜の下で!

【2012年 4月10日(火)】
悪天候が続き心配された「桜」の開花がようやく「満開」となり、日本各地で賑わっています!
特に足立区は、日米桜寄贈100周年と、足立区制80周年が重なり、足立区各地で様々なイベントが行われます!
4月7日(土)・8日(日)は「春の花火と千本桜まつり」と題して都立舎人公園で大イベントが行われます!
昨年は、東日本大震災で自粛されましたので、今年はその分「足立区の木・桜」を大いに楽しんでいただきたいと思います。
古性 重則の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
議会運営委員会 委員
総務委員会 委員長
待機児童・子どもの貧困対策調査特別委員会 委員
足立区議会議員/新井 ひでお リレーブログ【第869号】

【2012年 4月 5日(木)】
 塾にも学習塾(私からの宣伝:2月より東進衛生予備校竹ノ塚東口校を開設しました。東大現役合格の四人に一人は東進生です。只今、無料体験中です。)を初め様々あるが最近、政治家養成塾なるものが増えている。
古くは、明治維新を成し遂げる志士達を輩出した吉田松陰の松下村塾だろう。
最近では野田総理が誕生している松下政経塾か。
いや、何と言っても橋下市長の維新政治塾だろう。
参加者のインタビューでは意気込みを感じる答えもあったが目的意識が全く見えない人もいた。
今のポピュリズム選挙では、この中から多くの国会議員が誕生するのだろう。
有権者の殆どの人は選挙に真剣に向き合っていると思うが私達は幾度となく新党ブームや「まやかしマニフェスト」等に翻弄されている。
政党、政治家、候補者の真実を見抜く力が必要だ。
大阪維新の会がダメだとは思わない。
むしろ期待するところ大である。
今の国会議員の中に橋下市長並の発信力を発揮できるのは少数だろう。
ともかく高い志をもって政治参画をすることだ。
私も足立区政において心して行動する。
新井 ひでおの他のブログを見る
足立総支部連合会 政調会長
議会運営委員会 委員長
建設委員会 委員
足立区議会議員/せぬま 剛 リレーブログ【第868号】

ダメになった日本人と言わせない恥を知る日本人に!

【2012年 4月 4日(水)】
被災地のガレキ処理に反対する、日本人の顔は醜い!自分だけ良ければ、他人の事等どうでも良いのだろう。
こんな日本人が増えてしまった。
権利だけを主張する日教組の申し子のような権利人間達よ、人の痛みを分け合う気持ちなんて無いのだろう。
自民党は大声で党をあげて、各自治体でガレキ受入れを表明する時だ。
本物の日本人の心を見せる時だ。
何をグズグズしている。
日本再生の正念場ではないか。
恥を知る日本人として行動しよう。

せぬま 剛の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
総務委員会 委員
エリアデザイン調査特別委員会 副委員長
足立区議会議員/白石 正輝 リレーブログ【第867号】

足立区の予算決定

【2012年 4月 2日(月)】
 平成二十四年第一回足立区議会定例会において、平成二十四年度の予算が慎重に審議され賛成多数で決定した。
 景気低迷は生活保護の急増など足立区の今後に大きな影を投げ掛けている。
 今年度予算は「明日のために時代の変化に挑む」と題する予算であり、将来への区長の決意が示されているが、急速に進捗する少子高齢社会へ難問が山積している。
 各会計の予算額は以下の通りである。
一般会計予算   2436億円
国保特別会計    839億3千万円
介護特別会計    429億7千万円
後期高齢者特別会計 113億7千万円
 合 計     3818億8千万円
白石 正輝の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員

厚生委員会 委員長
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員
前足立区議会議員/鈴木  進 リレーブログ【第866号】

春一番

【2012年 4月 1日(日)】
 今年は春一番が吹きませんでした。
この現象は2000年以来の事だそうです。
 そして、4月は新たな旅立ちの季節でもあります。
 雇用環境が大変厳しい中で、新たに社会人としてスタートする皆さん、是非新風を巻き起こす気概を持って、どんな事にもチャレンジしてください。
 今、政治が停滞していますが、皆さんの手で春一番を吹かせましょう。
未来は皆さんが決めていくのです。
鈴木  進の他のブログを見る
足立総支部連合会

top