自由民主党足立区 WebSite

議員ブログ< 2012 年 5月のブログ>。自由民主党足立総支部連合会所属議員のブログです。

都議会議員/三原将嗣 リレーブログ【第886号】

尖閣諸島 購入に賛成!!

【2012年 5月26日(土)】
 石原都知事が、4月中旬に米国で「尖閣諸島を買う」と発言されてから、毎々毎々お目にかかる人に必ず賛否を質問される。
 かって、排ガス規制も、新銀行東京も、オリンピック誘致も、こんなに質問ぜめにはならなかった。
本来、国の仕事なのに都民がこれ程強い関心をよせているということは、「国の領土」「国を守る」という気持ちの表われだろう。
特に寄附金がすでに7億円というのもすごい。
 国がやるべきことを、都が代行することはまったく問題ない。
災害支援にしても、人材派遣にしても同じだ。
特に尖閣は「石原知事(東京都)ならば」とご指名なのだから、勇断すべきは当然である。
そして将来は国に譲渡すればよい。
私も議会で賛成します。
三原将嗣の他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長
都議会議員/高島なおき リレーブログ【第885号】

初心を持ち続ける

【2012年 5月24日(木)】
大相撲夏場所は旭天鵬が初優勝。
37歳8か月は最年長だ。
モンゴル出身だが既に日本国籍を取得した日本人。
出身は外国。
でも国籍は日本人なのだから久しぶりの日本人優勝になると言える。
インタビューでは「色々な人のおかげで今がある、入門して20年やってきてよかった」とのコメントで涙ぐんでいた。
優勝パレードの旗手に横綱白鵬が笑顔で参加。
日本人を超えるほどの義理・人情の厚さに感激した。
人々の日常生活に深く関わる決定をする政治家は「義理人情を基調とした日本人の心」を忘れてはならない。
党派は関係なく初心を持ち続けることが大切だと思う。
高島なおきの他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長
警察・消防委員会
足立区議会議員/鹿浜 昭 リレーブログ【第884号】

生活保護制度

【2012年 5月17日(木)】
厚生労働省は、16日、今年2月に全国で生活保護受給者が先月比5,499人増の2,097,401人になったと発表されました。
8カ月連続で最多を更新しています。
受給世帯も1,521,484世帯と過去最多になってしまいました。
 リーマン・ショック以降の経済低迷などが増加の原因と分析されていますが、今後東日本大震災の被災者の受給開始も想定されています。
 確かにこの手当がある事は非常に大きく、条件も良く何百万人もの人の命を救っている制度ではありますが、支給額は3兆円を突破し、今のままの制度を維持出来るわけがありません。
 近年この生活保護の不正受給や、年金との受給額の逆転(年金をしっかり納めて満額受給しても最低基準額より低い事や生活保護を受給したほうが大きい)などの問題も含め、審査は厳しくなっています。
まだ、就労収入積み立て制度(収入をカットするのではなく、自立支援のため積み立てる)なども考えられています。
 受給者の中で増加が著しいのは、高齢者、母子家庭、障害者、傷病者のいずれでもない「その他の世帯」です。
失業するなどして生活保護を受けるようになった若者が、この枠にカウントされています。
 就労意欲を持っている若者に対して、ただ働けと言ってもなかなか前には進めないのが現状ではないでしょうか?将来に向けて、このままでいいのだろうかとの思いや、社会に必要とされない孤独感などから、殆どの若者受給者は苦しんでいます。
 私たちは日本の将来のためにも、このような若者に対し企業の求人開拓や就労支援事業などしっかりと自立の支援をしていかなければならないと考えます。
鹿浜 昭の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
文教委員会 委員
待機児童・子どもの貧困対策調査特別委員会 副委員長
/馬場 信男 リレーブログ【第883号】

東京都尖閣諸島寄附金

【2012年 5月14日(月)】
 先日、二人の方から尖閣諸島の寄附金について聞かれました。
どこに振り込んだらいいのかと。
私自身、議員の寄附行為は場合によって法に触れますので、今回は不覚にもまったく行動を起こしておりませんでした。
よって「東京都のホームページにあると思います」と返答しました。
 遅ればせながら、都ホームページを確認しました。
トップページに案内があり、現在の寄附額として4億7000万円ほど集まっているとありました。
そしてお礼のメッセージも。
「御協力ありがとうございました。心より御礼申しあげます。みんなでこの国を守りましょう。東京都知事 石原慎太郎」
馬場 信男の他のブログを見る
足立総支部連合会 広報委員長
産業環境委員会 副委員長
エリアデザイン調査特別委員会 委員
足立区議会議員/吉岡 茂 リレーブログ【第882号】

荒れる政界と空《憤怒する自然を感じて…》

【2012年 5月11日(金)】
五月の憂いも、例年とはまた異なる心持ちで迎え入れる事となった。
日本列島を竜巻が襲う。
そんな慣れない言葉が、事実として、また映像と共に私の心に刻まれた。
東日本大震災や豪雨の被害も覚めやまぬ間に、天災が次々と襲来する…。
信じられないような天災も、起こるものとして、被害軽減や被災後の対応を考え、実行せねばならない。
一方で、烈風のごとく吹き抜けた小沢代表の無罪判決や処分撤回のニュース。
こちらは関係各人の倫理や理性、自らの地位に則した責任を持っていれば、そもそも巻き起こる事のなかった人災であったと言える。
防ぎきれぬ被害を抑える事に全力を注ぐためにも、政治機能の妨げとなる人災を未然に防ぐべき自律を忘れず、国民のために身を捧ぐのが政治家であろう。

『政治家は国家のために自分を捧げ、政治屋は自分のために国家を利用するだろう』“ポンピドゥー”
吉岡 茂の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
文教委員会 委員長
災害・オウム対策調査特別委員会 委員
足立区議会議員/古性 重則 リレーブログ【第881号】

ゴールデンウィーク中にモンゴル国へ行ってまいりました!

【2012年 5月10日(木)】
13世紀にジンギスカンが、蒙古大帝国を建設したが、後に、中国・ロシアの支配下におかれました、しかし1992年に民主化に成功、モンゴル国と改称、現在はバブル景気の途上の様でした!
初のモンゴル国の印象は、大相撲の関係からしても、顔形からしても、とても親しみを感じる身近な国民性に触れる事が出来た有意義な訪問となりました。
これからが楽しみな国ですね!
古性 重則の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
議会運営委員会 委員
総務委員会 委員長
待機児童・子どもの貧困対策調査特別委員会 委員
足立区議会議員/新井 ひでお リレーブログ【第880号】

世論調査

【2012年 5月 5日(土)】
 最近では世論調査で世論操作と言われてしまっていますね。
マスコミは正義なのかどうか?まあ、信じたいものであります。
ところで私の大好きな産経新聞がFNNと合同で世論調査を行いました。
この時期ですから当然、憲法について行われ「憲法改正が必要57.6%」の約6割、「自衛隊を明文化すべき71.7%」東日本大震災での災害対策や近隣諸国との関係、国防、テロ対策等々の危機感が高まっているようです。
特筆すべきは30歳代が最も必要性を感じていることで男69.7%、女70.2%です。
やはり時代は変わってきている。漫然と平和憲法等とのたまう政党・団体は棄て去られるのみだ。
他にも内閣支持率が最低の22%、支持政党なしが初の5割となり国民は維新の会等の第3極を求めているとの結果が出ました。
流石、産経・FNNの調査ですね、偽り無き調査で今の世論が垣間見えます。
しかし、民主が、これだけ失敗だらけ、うそだらけ、増税一点張りなのに自民党は伸びない。難しい時を迎えている。
新井 ひでおの他のブログを見る
足立総支部連合会 政調会長
議会運営委員会 委員長
建設委員会 委員
足立区議会議員/せぬま 剛 リレーブログ【第879号】

石原都知事の尖閣諸島を買う発言を心から支持する

【2012年 5月 4日(金)】
政府は一昨年の中国船による無法な体当り、船員の釈放後何ら対策が進まない。
領土警備法の早急な審議入りを望む国民に、自民党も強く応え臨むべきだ。
国が何もやらないのなら都が買う事に賛成する都民は多い!国のシーレーンを守り、経済の安定、安心を確保することは首都に住む国民として当然の責任だ。
首都とは国を代表しているのだから誇りを持って都民は協力する。
自民党は本気になって国土を守る姿勢を打ち出し知事を応援するべきだ。
せぬま 剛の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
総務委員会 委員
エリアデザイン調査特別委員会 副委員長
足立区議会議員/白石 正輝 リレーブログ【第878号】

地元業者の活用を要望

【2012年 5月 2日(水)】
 足立区議会鉄道高架化促進議員連盟(会長白石正輝区議)は去る3月22日足立区建設業協会の要請を受けて、竹の塚駅踏切高架化の工事にあたり、地元の活性化のため地元業者を活用するよう東武鉄道と足立区に要望書を提出した。
 この事業は足立区が施行主となり、東武鉄道が工事を担当するが、難しい工事のためにスーパーゼネコンが工事を請け負うかたちとなるので、区内業者の活性化を願う区議会として区内業者の活用を東武鉄道に強く申し入れた。
 足立区長はもちろん、東武鉄道も鉄道高架化議連の要望を受け入れ、地元業者の積極的な活用を約束した。
白石 正輝の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員

厚生委員会 委員長
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員
前足立区議会議員/鈴木  進 リレーブログ【第877号】

守るべきもの

【2012年 5月 1日(火)】
 ゴールデンウィークまっさかりです。
皆さんはどのようにお過ごしですか。
 さて4月28日は、日本との平和条約にあたるサンフランシスコ講和条約が発効され、60年を迎えました。
 これにより、わが国が主権を回復したわけでありますが、一方で、戦後65年以上も過ぎているのに、いまだに日露間では解決の目途がたっていない北方領土問題が存在します。
 経済大国として発展してきたわが国ですが、国民一人ひとりが、しっかりと固有の領土としての認識を持って守り抜いていかなければならないと強く感じています。
鈴木  進の他のブログを見る
足立総支部連合会

top