自由民主党足立区 WebSite

議員ブログ< 2012 年 6月のブログ>。自由民主党足立総支部連合会所属議員のブログです。

衆議院議員/鴨下一郎 リレーブログ【第897号】

持続可能な社会保障の実現に向けて

【2012年 6月30日(土)】
 税と社会保障一体改革関連法案の3党の修正協議に自民党の社会保障担当実務者として、連日協議にあたりました。
 政権が代わるたびに制度が変わるようでは、国民の皆様は不安になってしまいます。
持続可能で、より良いものになるよう、新たに設置される「社会保障制度改革国民会議」において審議することとなりました。
引続きが安心できる社会の構築を目指してまいります。

鴨下一郎の他のブログを見る
足立総支部連合会 会長

都議会議員/三原将嗣 リレーブログ【第896号】

原発都民投票条例案を否決

【2012年 6月26日(火)】
 私は条例案に反対しました。
6月20日の都議会本会議で、自民、公明、民主の大半、無所属の会派によって、条例は否決されました。
 直接請求による投票条例の価値は十分承知していますが、本条例は期待通りに機能しません。
なぜなら東京都は原発の稼働についての決定権がありません。
唯一、大株主として東電に注文をつけるだけです。
その上、すでに国は原発の一部稼働を決定しているのですから、いまさら都の要求で停止とはいわないでしょう。
 投票は約50億円かかるともいわれていますが、その結果が何も効果を出せないのなら、単なるイベントか世論調査ということです。
そんなムダ使いは賛成できないでしょう。
三原将嗣の他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長
都議会議員/高島なおき リレーブログ【第895号】

公共の福祉の再認識

【2012年 6月24日(日)】
何やら可笑(おか)しな事ばかり続いている。
大量のイワシが海岸に打ち上げられたり、梅雨明けの前に大型台風が上陸して被害をもたらしたり。
自然の世界ばかりでなく、永田町周辺の国民不在の政権与党の狂騒曲は、不協和音が激しく聞くに耐えない。政治を行うと言うことは、常に国民に耳を傾けていなければならないはずだ。
なぜなら代表者であり信託を受けているからである。
それにも関わらず自己保身に汲汲としている様は、滑稽にさえ見えてならない。
公共の福祉のために汗を流すのが政治家ならば、今一度公共の福祉の意味を再認識してみる必要があるのではなかろうか。
高島なおきの他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長
警察・消防委員会
/馬場 信男 リレーブログ【第894号】

無駄の削減に補助金廃止を

【2012年 6月14日(木)】
 12日の足立区議会第二回定例会初日、本会議質問に立ちました。区政全般に渡り質問しましたが、ここは自民党のブログですので無駄の削減として朝鮮学校へかよう保護者補助金について記します。
(質問)
外国人学校への保護者補助金
足立区は朝鮮学校に通う子の保護者に対し、平成22年度には1351万円、23年度には177名分で1243万円の補助金を支給している。この件に対して、昨年12月2日の本会議における我が党の質問に、区は「日本の小・中学校に在籍している場合は、国籍を問わず児童・生徒は就学援助制度による支援を受けることができる一方で、外国人学校に通学する児童・生徒は就学援助制度の対象にならないことから支給している」と答弁しているが、これはおかしい。就学援助は、保護者の所得に応じて支給されるものである。このケースで区は、外国人学校へ通う、高額所得者を含む全ての保護者に支給している。希望すれば区立の小中学校へ入学ができるにもかかわらず、あえてそれを排除して外国人学校を選択している人たちにである。
北朝鮮の衛星という名のミサイル発射の流れを受けて、各自治体でも補助金見直しの議論が始まっている。石原都知事は昨年12月8日の都議会本会議で、朝鮮学校への補助金をゼロにと明言し、大阪府は今年3月、約8400万円の支給を取りやめ、大阪市は2650万円の支給を凍結した。
(1)ミサイル打ち上げで、日本列島を脅威に陥れた北朝鮮。その指導者を尊敬する教育を施している学校という確認を、区はしているのか。
(2)北朝鮮国家は日本人拉致事件を認めている。横田めぐみさんのご両親をはじめ、拉致被害者家族の心情を考えれば早急に補助を止めるべきと思うがどうか。
(答弁)
外国人学校への保護者補助金についてお答えいたします。
該当する区内の外国人学校には、機会を捉え訪問して、授業を見るなど状況把握に努めているところであります。
次に、補助を止めるべきとのご質問についてお答えいたします。
本補助金は、朝鮮学校に対してではなく、児童生徒の保護者に対して、教育に係る負担の軽減を図ることを目的に支給するものです。
報道されている北朝鮮の現状を見ると、ご質問の内容は心情的に理解できますが、他の外国人学校に通う児童生徒の保護者との均衡を鑑み、現状では、特定の学校に対してのみ補助金の支給停止は考えておりません。
(私の感想)
心情的には理解できる???ならば、改善の可能性のカケラでも示すべきだ。
他の自治体では見直したり、見直しの議論をしているのだから。
しかし、高額所得者に対しても支給している補助金は明らかな誤りで、「他の外国人学校に通う児童生徒の保護者との均衡を鑑み」ならば、他の区立学校に通う児童生徒との均衡も鑑みなければならないのでは!
馬場 信男の他のブログを見る
足立総支部連合会 広報委員長
産業環境委員会 副委員長
エリアデザイン調査特別委員会 委員
足立区議会議員/吉岡 茂 リレーブログ【第893号】

改革の先の倫理《議長を務めて…

【2012年 6月11日(月)】
梅に降る雨。5月30日をもって、足立区議会議長の任を務め抜く事が出来た。
これも一重に皆さまのお蔭と厚く御礼申し上げる。
これからも、足立のため区民のため、身を粉にして努めて参る所存である。
さて、社会保障の問題が毎日のように紙面を賑わせている。代表的な社会保障である年金は保険制度であり、自助共助を前提としたシステム。
一方、問題が顕在化する生活保護は、国が財源の使用先を低所得者の救済に充てた公的扶助というシステムである。
どちらのシステムも、提供者と受益者が誠実でなければ悪法となってしまう。
これを踏まえ、一方的な目先の見解で是非を決めるのではなく、倫理を回復できる改革が求められるのではないか。
『決定のためには色々な案がなければならない。可否の二案だけでは不足する』“ドラッカー”
吉岡 茂の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
文教委員会 委員長
災害・オウム対策調査特別委員会 委員
足立区議会議員/古性 重則 リレーブログ【第892号】

命懸けで実現する!

【2012年 6月10日(日)】
野田総理の強い決意であった、今国会での「税と社会保障の一体改革関連法案」が民・自・公での修正協議に入り、いよいよ今週が大詰めです!
しかし残念なのは、一緒でなければならない課題を分離し、国民会議で協議する事で先延ばし、消費税増税だけが法制化されると言うのは、果たして国民の理解を得られるのか?
時間をかけてと言うが、これまでも充分に時間はあったはず、思惑だけが先行し、重要な事を決める事の出来ない政治は国民の信頼を得られない!
政治の大転換期です!
古性 重則の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
議会運営委員会 委員
総務委員会 委員長
待機児童・子どもの貧困対策調査特別委員会 委員
足立区議会議員/くじらい 光治 リレーブログ【第891号】

東京オリンピック パラリンピック

【2012年 6月 8日(金)】
先日、東京、マドリード、イスタンブールの3つの候補地が決定した。
設備面などでは、東京が優っているとの世論だが、何故が都民の関心が薄い。
昭和39年東京オリンピック開催の時は、もっとあったと思う。
足立区でも、選手達が練習できる環境があれば、もっと区民の関心も高まる。
是非、東京オリンピック招致実現のために力になればと思っている。

くじらい 光治の他のブログを見る
足立総支部連合会 副幹事長
産業環境委員会 副委員長
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員
足立区議会議員/新井 ひでお リレーブログ【第890号】

納得できる生活保護制度へ、不正を糺す!!

【2012年 6月 4日(月)】
最近の話題と言えば一連の生活保護騒動だ。
河本とかいうお笑い芸人の騒動があったかと思えば、やはりお笑いの梶原何がしが、危機を察知し、いち早く記者会見した。
この連中のやっていることは笑い事ではない。
確かに福祉事務所と相談の上での生活保護受給で、違法ではないというが、高額所得になっても親を扶養せず、ばれなければ受給し続けるずるさにはあきれる。
道義的にも悪いのは河本本人だ。
唯一、生活保護制度の問題点を提起できた事はよかった。
厚労省は不正受給の罰則強化や今般のような親族扶養について検討しているようだ。
私達足立区議会も今年度から生活保護の適正化について調査研究する特別委員会を設置した。
当区としても長きに亘り究極の課題となっている生活保護制度であり本当に助けるべくして助ける制度にしなければならない。
新井 ひでおの他のブログを見る
足立総支部連合会 政調会長
議会運営委員会 委員長
建設委員会 委員
足立区議会議員/せぬま 剛 リレーブログ【第889号】

自民党の憲法草案の発表に期待する。

【2012年 6月 4日(月)】
待ちに待った新憲法(自主憲法)制定への草案が発表。
かなりゆるい文面となっているが主旨は表現出来ていると思われる。
ここまで気をつかった内容なのだから、一歩も後退すること無く、他党へすり寄ることなく、制定へ向け不退転の決意で臨んでもらいたい。
関係者の固い決意を心より望むものです。
反日団体等の無責任な反対運動が起きるだろう。
国を想い、国家の発展を願う幅広い国民の支援、運動こそが何より必要な国家事業である。
せぬま 剛の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
総務委員会 委員
エリアデザイン調査特別委員会 副委員長
足立区議会議員/白石 正輝 リレーブログ【第888号】

後援会行事のお知らせ

【2012年 6月 2日(土)】
 白石正輝後援会では平成24年度の行事を下記の通り決定しておりますので、多くの皆様のご参加を心からお願い申し上げます。
 なおご参加頂ける方は、お電話にてお申し込み下さいます様お願い致します。
【3890−5584】
白石正輝納涼の夕べ
◎日 時 7月7日(土)8日(日)午後6時30分より
◎場 所 江戸一西新井館・100号線
◎会 費 4500円(飲み放題)
白石後援会一泊の旅
◎日 時 11月18日(日)〜19日(月)
◎行 先 宮城県・松島海岸 花ごころの湯ホテル新富亭
◎会 費 26000円(往復バス・飲み放題)
白石 正輝の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員

厚生委員会 委員長
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員
前足立区議会議員/鈴木  進 リレーブログ【第887号】

信頼に応えて

【2012年 6月 1日(金)】
 先日、全国市議会議長会から、議員在職45年の表彰を受けました。
 昭和42年の初当選から、これまで多くの方々に支えられて、区議会議員として努めてまいりました。
 当選後、初めての本会議質問では、用地特別会計の設置の必要性について執行機関に求めたのが、昨日の事の様に思われます。
 こうした今があるのも、皆様の信頼があればこそであります。
今、民主党政権下で、震災後の対応をはじめ、国民の不信感が増しております。
 これからも地域の声を大切にして、皆様からの信頼に応えていけるよう取り組んでまいります。
鈴木  進の他のブログを見る
足立総支部連合会

top