自由民主党足立区 WebSite

議員ブログ< 2012 年 7月のブログ>。自由民主党足立総支部連合会所属議員のブログです。

  • 東京都議会議員選挙
  • 燗なおき
  • ほっち易隆
衆議院議員/鴨下一郎 リレーブログ【第908号】

地域のつながり

【2012年 7月30日(月)】
 夏の風物詩、盆踊りの季節がやっていました。
どの会場でも、老若男女、たくさんの方々の笑顔で溢れています。
 近年、都市化の進展により、地域のつながりが希薄になっておりますが、先の震災を機に、地域が果たす役割への期待が改めて高くなっております。
避難所においても、日頃から町内会活動などが盛んな地域では、避難所での炊き出しなどが円滑に行われたと言います。
 盆踊りを通じて、地域のつながりが改めて強まることを期待します。
鴨下一郎の他のブログを見る
足立総支部連合会 会長

都議会議員/三原将嗣 リレーブログ【第907号】

来夏、立候補しません!!

【2012年 7月26日(木)】
 私は、来年7月の都議選に立候補しない決断をし、後援会のご理解をいただきました。
 理由は、来年71歳になるからです。
かねてから都県議、国会議員はこうあるべきだというのが、私の信念でしたので、後進に道を譲ります。
 しかし、私の任期は向う一年間ありますので、しっかりと政治活動を進めますし、その後も政策重視で良心的な政治家を支援し、一旦事ある時は立ち上ります。
 そして何よりも、傲慢、おごり、たかりといった噂のつきまとう政治屋を絶対に出さないようにし、足立、東京の政界をより浄化・改革することに汗を流します。
 引き続いてご指導を、お願い致します。
三原将嗣の他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長
都議会議員/高島なおき リレーブログ【第906号】

いじめ問題と教育のあり方

【2012年 7月24日(火)】
連日のテレビや新聞報道では「大津市のいじめ問題」が取り上げられている。
概要について説明するのは省略するが、教育委員会の体質が根本的に問われている。
戦後65年以上経過した民主教育のツケが一挙に噴出した気がする。
教育委員会は独立した行政委員会で教育長は事務局長。
制度上は5名の教育委員が合議で決定し教育行政全般を執行する。
教育長はその現場責任者で教育委員会委員長がその上である。
それなのに委員長の存在感は薄く責任の所在も不明。
戦前の軍国教育から民主教育へ制度転換したにもかかわらず、教育公務員を自己保身化させると言う皮肉な結果となったのではと考えてしまう。
5月に足立区議会の先生方と教育に関する勉強会を行った。
様々な問題がある。
学力、給食、学級崩壊、既にある問題は一つずつ解決していかなければならないが、問題を作らせない環境・仕組みを作っていくことが今後一番の課題ではないだろうか。
高島なおきの他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長
警察・消防委員会
足立区議会議員/鹿浜 昭 リレーブログ【第905号】

尖閣諸島購入問題

【2012年 7月17日(火)】
野田佳彦首相が今月7日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の国有化方針を打ち出して以降、政府・民主党には購入に向けた具体的な動きはほとんどない。
尖閣をはじめ安全保障にとって重要な国境離島をどう保全していくかの議論を始める気配もない。
 尖閣諸島の領有権問題は、78年に日中平和友好条約の批准書交換のために訪日したとき、当時の〓小平副首相が領有権棚上げ論を提唱しました。
尖閣諸島の領有問題については日中双方に食い違いがあるが、国交正常化の際、両国はこれに触れないと約束したと〓小平副首相は述べて以来、日本もその線でやってきたのは事実です。
 だから、今回の尖閣国有化発言は、明確な外交方針の転換であり、中国も台湾も、当然、絶対に認めないはずです。
平成22年の中国漁船が我が国領海内で海上保安庁巡視船に衝突してくる事件より以上のいやがらせを仕掛けてくるのではないか?と思う。
 野田政権は、このようなことをちゃんと想定した上で国有化を宣言したのか、疑問に思う。
何の覚悟もなく、人気稼ぎだけの考えであれば、非常に情けなく思う。
石原都知事が、4月中旬にアメリカで行った講演で、「日本人が日本の国土を守るため、東京都が尖閣諸島を購入することにした」と宣言したことが都の尖閣購入方針を表明してから、寄付金も92,197件・13億5745万3727円になっています。(13日現在)
 確かに、尖閣諸島の購入が都民のためになるのかはいささか疑問はあるが、国民は、殆どが賛成です。一日も早い結論を期待します。
鹿浜 昭の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
文教委員会 委員
待機児童・子どもの貧困対策調査特別委員会 副委員長
足立区議会議員/吉岡 茂 リレーブログ【第904号】

政党とは…《離党問題を考える》

【2012年 7月11日(水)】
  冷たい風が雨を運んで来たかと思えば、肌を刺すように暑い日差しが顔を見せる。
皆さんも体調にはくれぐれも注意していただきたい。
しかし国政の中心も天候に負けないほど不安定…というのはいただけない。
民主党員の集団離党は、その行動自体の問題にとどまらず、安易な、ツールとしての離党を招きかねない。
TPP交渉参加の是非が再び持ち上がっているが、民主党内では、もし参加表明があった場合は集団離党するという反対派の声もあるようだ。
組織に所属するという道徳や意義、国政に資する態度とはどういうものなのか。
政党は民主制を支える意志の単位の1つと考えるが、概念を再考・再認すべき時なのかもしれない。
『鉛の本性から黄金の行動を引き出すことは、いかなる錬金術といえども不可能である』“スペンサー”
吉岡 茂の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
文教委員会 委員長
災害・オウム対策調査特別委員会 委員
足立区議会議員/古性 重則 リレーブログ【第903号】

予算要望懇談会

【2012年 7月10日(火)】
毎年自民党執行部からのご案内で、区内の各業界・団体の皆さんとの予算要望懇談会を、7月3日(火)から6日(水)の四日間で行われました!
おいでいただいたのは、25の団体の皆様方です!
円高・株安・デフレ・巨大震災、長引く不況の中で苦しい運営をされている皆様に、少しでもお役にたてる様に、来年度の予算編成への反映を求めて参ります!
古性 重則の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
議会運営委員会 委員
総務委員会 委員長
待機児童・子どもの貧困対策調査特別委員会 委員
足立区議会議員/くじらい 光治 リレーブログ【第902号】

スポーツの祭典

【2012年 7月 8日(日)】
 いよいよロンドンオリンピックの開催が近づいてきたが、何かまだ盛り上がりが少ないような気がする。
 東京は2020年のオリンピック・パラリンピック開催に手を上げているが、これでは開催もと思う。
 今年の全国高校野球もいよいうよ予選が始まった。区内の球児の活躍はどうか。
是非、甲子園出場の夢を果たしてほしい。
くじらい 光治の他のブログを見る
足立総支部連合会 副幹事長
産業環境委員会 副委員長
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員
足立区議会議員/新井 ひでお リレーブログ【第901号】

どうした選挙制度改革?

【2012年 7月 5日(木)】
 民主党は衆議院小選挙区比例代表並立制から比例部分に連用制を導入する法案を提出した。
小選挙区の実態は違法と指摘されているので0増5減は当然の事としても比例代
表40減と共に連用制を導入するそうだが、正にまやかしだ。
連用制は選挙区で多くの議席を獲得する大政党に対して比例票を圧縮し、逆に中・小政党が有利に
なる制度で、現状の選挙区で負けた人が比例で幽霊のように復活する現制度以上の理解しがたい解りにくい制度だ。
簡単に言えば中小政党に配慮した最悪の妥協の産物だ。
細川内閣が成立させた現制度でさえ問題があるのにどうやって民意をはかるのだろう。
やはり複数連記による中選挙区制度の復活か単純小選挙区が解りやすい。
まあ、この民主党案は成立しないだろうが、〔自民・みんな・たちあがれ日本は連用制反対〕先行して定数削減だけでも出来ないものだろうか、国会
の見識を疑う。
ところで遂に民主党は分裂した。
出て行った人達は、失礼だがどうでもいいような議員〔どこかの記事でも書かれていたが同感だ。〕ばかりだ。
そして離党届を小沢先生に預けて消費税法案に反対したくせに分けの解らない言い訳で離党しない議員がいる。
こいつら何を考えて政治をやっているのだろうか。
このような連中のせいで国民の政治離れがどんどん進むのだ。
新井 ひでおの他のブログを見る
足立総支部連合会 政調会長
議会運営委員会 委員長
建設委員会 委員
足立区議会議員/せぬま 剛 リレーブログ【第900号】

自民党は本音の自民支持者の声を聞くきがあるのか

【2012年 7月 4日(水)】
今東京12区は公明民主のポスターが競いあっているが自民党は無い。
今回も自民党は公明党を推薦するのだろう。
それは葛飾の平沢氏を除きほとんどの自民候補者が公明票をあてにする見返りとしての取引とは自明の理である。
それを知る有権者はだから自民候補を支持しないと言うのだ。
自力で保守本来の政策を語り、親しく地元に尽くす姿があれば他党の票をあてにしなくて良いのに努力している姿が見えないと言うのだ。
国民の声を聞け自民党よ!
せぬま 剛の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
総務委員会 委員
エリアデザイン調査特別委員会 副委員長
足立区議会議員/白石 正輝 リレーブログ【第899号】

生活保護不正受給を許すな

【2012年 7月 2日(月)】
 足立区議会自民党の白石正輝区議は昭和四十六年、足立区議会に初当選以来、生活保護の不正受給は真面目に働き、税金を納めている区民に対する裏切り行為であり、多くの区民の勤労意欲を阻害する大問題であると厳しく追求し訴え続けてきた。
 区も生活保護の適正な運営をめざし

@担当職員・民生委員の資質向上
A厳格な調査・訪問活動の充実
B捜査権の強化と就労の支援

など対策を進めているが、生活保護不正受給は年々増加する傾向にあり、不正が発覚しても、返還請求に応じない悪質な人々が急増している。
 特に働けるのに働かない若年層の受給者に対する就労指導を強化していく。
 足立区議会は悪質な受給者から制度を守るため、生活保護調査特別委員会を設置し、適正な保護制度確立に努力する決意。
白石 正輝の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員

厚生委員会 委員長
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員
前足立区議会議員/鈴木  進 リレーブログ【第898号】

1秒の大切さ

【2012年 7月 1日(日)】
 7月1日は、3年半ぶり25回目の調整となる「うるう秒」により1秒長くなります。
 これは、地球の回転の観測を行っている国際機関の決定を受けて、世界中の国々が行います。
 昔は、時間がゆるやかに進行していましたが、現代社会は時間の進行と共に1秒の価値も大きく変わってきました。
 たった1秒の事でもコンピューターの誤作動などの問題もあります。
 この「うるう秒」の存続については、現在議論のあるところですが、この機会に、改めて時間にもコストがある事を考えてみませんか。
 1秒を大切に、今を大切に。
鈴木  進の他のブログを見る
足立総支部連合会

top