自由民主党足立区 WebSite

議員ブログ< 2014 年 9月のブログ>。自由民主党足立総支部連合会所属議員のブログです。

都議会議員/高島なおき リレーブログ【第1089号】

多数決原理の恐ろしさ

【2014年 9月26日(金)】
スコットランドの独立。
是非を問う住民投票があった。
55対45で否決と報道。
イギリスは分裂を回避。
このことで民主主義の偉大さと恐ろしさを感じた。
国の未来を選択する国民の参政権の存在と多数決制度は、一票差でも多い方を採る。
もし国の独立が一票差で決められるとしたらと思うと鳥肌が立つ。
かくも一票は大切なものなのだ。
高島なおきの他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長
警察・消防委員会
足立区議会議員/ただ 太郎 リレーブログ【第1088号】

ビューティフル・ウインドウズ運動の成果

【2014年 9月17日(水)】
平成26年7月現在、足立区の刑法犯認知件数は、4,363件で統計上初めて23区中6位となりました。
各区の人口比からみると足立区は15位(上位9位)、面積比では21位(上位3位)となっています。
これは、通称「青パト」と呼ばれる車を使った町会・自治会による自主防犯パトロールや駅前清掃、花いっぱい運動等の成果であり、区民と行政の連携のもと「ビューティフル・ウインドウズ運動」を進めてきた事がうれしい結果に繋がったのだと大変嬉しく思っています。
これに甘んじず、私も危機管理を担当する特別委員会の委員として、微力ではありますが更なる治安改善に向け努力をして参りたいと考えています。
ありがとうございました。
ただ 太郎の他のブログを見る
足立総支部連合会 政調副会長
広報副委員長
議会運営委員会 委員
区民委員会 委員
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員長
/馬場 信男 リレーブログ【第1087号】

憲法改正は自民党の党是

【2014年 9月14日(日)】
 朝日新聞が、大いに揺れている。
今さら述べるまでもなく、従軍慰安婦・南京虐殺・原発吉田調書・池上彰対応等々、言論報道をなりわいとしている企業がとる行動では、決してない。
朝日の廃刊デモも起こっている。むべなるかな、でありましょう。
 さて、憲法改正。その朝日や民主党、共産党などが先頭をつとめる護憲派集団の偏向発信も困ったものだが、作家の百田尚樹氏がわかりやすく解説をしている対談録があった。抜粋する。
『護憲派は、9条を信じれば戦争は起こらないという「9条教」という宗教のようです。
極端な話、もし他国の軍隊が日本を侵略しにやってきたら、9条教の人達が前線に出て、教えのとおりに侵略軍に向って「日本には憲法9条がある。
直ちに立ち去れ」と言って、敵国が立ち去る奇跡が起きるのか。』
『あえて護憲派の人達の気持ちを忖度してみると、戦争をおこしてほしくはないという気持ちだと思う。とすれば逆に護憲派の人達に言いたいのは、9条を改正したいという人達も同じ思いです。なんとしても戦争は起こさせない、という目的は同じなのです。としますと、どちらにリアリティがあるか、ということなのです。侵略されて何も抵抗しない国と、侵略されたら自衛のために精一杯戦う国。どちらがより戦争抑止力があるか。
ですから護憲派の人達には、9条を宗教的な話ではなく、どちらがより抑止力があるかというリアリティの問題として考えて欲しいと思うのです。』
 集団的自衛権に関しても同様、戦争に巻き込まれないために閣議決定、法整備、なのです。
馬場 信男の他のブログを見る
足立総支部連合会 広報委員長
産業環境委員会 副委員長
エリアデザイン調査特別委員会 委員
足立区議会議員/吉岡 茂 リレーブログ【第1086号】

己を見つめる力《努力と精神》

【2014年 9月11日(木)】
ひぐらしの消えゆく声が秋を予感させる今日この頃。
実に華やかなニュースが飛び込んできました。
テニス界における日本人初の快挙、錦織圭選手の準優勝。
その偉業は我々の心を奮わせて止みません。
しかし考えてしまうのは、本人の底知れぬ悔しさです。
計り知れないという言葉では到底及ばぬ程の努力を重ねてきたはずです。
順位だけではない、他の誰でもなく自分との戦いの中で、どれほど苦心したことでしょう。
自分と向き合い戦うことがどれほど困難で、精神を削ることなのか垣間見たように思います。
誠実に、ひたむきに努力する青年の姿に心打たれると同時に、自己と向き合い省みる姿勢を我々が忘れてはならないと身を引き締めさせられます。
区政も、新たに布陣を固めた国政も、この若者の精神を体現するような歩みを進めなければなりません。
『競い合うとは、常に自我を試されているということだ』“アイルトン・セナ”
吉岡 茂の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
文教委員会 委員長
災害・オウム対策調査特別委員会 委員
足立区議会議員/古性 重則 リレーブログ【第1085号】

日本を取り戻す第二章

【2014年 9月10日(水)】
第二次安倍改造内閣が発足、4日(木) 日本再生内閣第二章がスタートしました。
近年の内閣で、一人も途中リタイヤをする人が無く、次の改造まで続いたのは、とても珍しい第一次安倍内閣でした。
そして、第二次安倍内閣が、日本経済の再生と地方創成に全力を傾注し、更に安定した政権として、国民に理解と支持をされる様、大いに期待を致します。
古性 重則の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
議会運営委員会 委員
総務委員会 委員長
待機児童・子どもの貧困対策調査特別委員会 委員
足立区議会議員/新井 ひでお リレーブログ【第1084号】

朝日新聞の責任は重大だ!!

【2014年 9月 5日(金)】
 今月は諸々の事情によりブログの投稿が遅れお詫び申し上げます。
先ずは、今月11日に朝日の木村社長が記者会見したことについて。
要旨は、東電福島原発の吉田調書に関する記事撤回と慰安婦報道誤報の謝罪であります。
なぜ今かと言えば、吉田調書を公開したからで、しなければ謝らなかったでしょう。
卑怯な態度です。
また、慰安婦問題についても我が国の国益を損ね、安倍総理も「世界に向って確りと取り消すことが求められ朝日新聞事態が努力すべき」と述べています。
さて、朝日は今後、日本の名誉回復の為に何をするか?しないだろうな。
正確な報道が出来ない恣意的な新聞。
これが四大新聞の一つと思うと情けないし、我が子は勿論、友人、知人、後援会一統の皆様には読んでほしくない新聞だ!!!
新井 ひでおの他のブログを見る
足立総支部連合会 政調会長
議会運営委員会 委員長
建設委員会 委員
足立区議会議員/せぬま 剛 リレーブログ【第1083号】

日本を救える人 説明できる人 石破氏の勇断を望む

【2014年 9月 4日(木)】
マスコミと野党が、自衛を即戦争と置き換える反日宣伝に、反日教育にどっぷり浸った国民は同調している。
自衛権は人の自然権として静かに説明できるのは石破さんである。
彼の防衛大臣の時、国民の自衛隊への理解は大きく深まったものだ。
反日教育がここまで浸透すると特に女性は情緒的に子供と戦場にの見出しだけで反応してしまう。
自衛組織とその行為の適格な世界情勢との関連を説明し理解させる事が出来るのは石破さんをおいて他に誰もいない。
せぬま 剛の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
総務委員会 委員
エリアデザイン調査特別委員会 副委員長
足立区議会議員/白石 正輝 リレーブログ【第1082号】

白石正輝納涼の夕べ

【2014年 9月 2日(火)】
白石正輝区議恒例の「白石正輝納涼の夕べ」が、七月十二日・十三日の両日、500人を超える多くの区民の皆様が参加して盛大に開催された。
 白石区議は過去九期の政治活動を支えてくれた区民の皆様に心からの感謝を述べると共に、今後もご期待に応えて、誠心誠意足立区のために努力する事を約束した。
 特に人生最後のセーフティネット「生活保護制度」を堅持するため「働けるのに働かない不正・不当な受給者の撲滅」のため、区民一人一人の意識向上の必要性が強調された。
 応援に駆け付けた「中川雅治・片山さつき両参議院議員、石川副区長、高島なおき都議、青空こうじ世田谷区議」からは、来年の区議選へ向け後援会の団結が訴えられた。
白石 正輝の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員

厚生委員会 委員長
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員

top