自由民主党足立区 WebSite

議員ブログ< 2018 年 12月のブログ>。自由民主党足立総支部連合会所属議員のブログです。

足立区議会議員/長澤 興祐 リレーブログ【第1372号】

水害対策について

【2018年12月17日(月)】
初めての一般質問からこれまで予算委員会・決算特別委員会・建設委員会・災害オウム対策調査特別委員会など様々な場面で、一番多く質問してきたのが水害対策です。
先日も書きましたが、近年本当に多くの災害が発生しています。毎年どこかで想定外の地震、大雨、土砂災害、が発生しており、もはや「想定外」という言葉は言い訳にならなくなってきました。
足立区の水害対策においても、まだまだ改善しなくてはならない現実が多くあります。それらは足立区単体では解決できるものではなく広域自治体の合意形成が必要なものです。
これまでダムや治水に関する視察や会合に多く参加してきました。今回は足立区内を流れる綾瀬川・中川の治水対策として造られた首都圏外郭放水路を視察しました。
今回の視察で、改めて首都圏の水害対策への更なる強化の必要性を感じました。というのも、首都圏の住宅開発拡大により、慢性的な浸水地域であるにも関わらず、中川・綾瀬川流域にはさらなる人口流入が予想され、万一の事態には多くの区民・市民の方々の安全が脅かされます。だからこそ、関連団体への災害規模の想定に関しての質問に際して、より慎重に議論を重ねて行こうと思います。

※首都圏外郭放水路HPより
地下50メートルを流れる、世界最大級の地下放水路
 首都圏外郭放水路は、あふれそうになった中小河川の水を地下に取り込み、地下50メートルを貫く総延長6.3キロメートルのトンネルを通して江戸川に流す、世界最大級の地下放水路です。日本が世界に誇る最先端の土木技術を結集し、平成18年6月に完成。完成に先立ち、平成14年から部分的に稼動し、年平均7回程度の洪水を安全に処理することで、住宅地等への浸水被害を軽減しています。
  私たちの目にふれることなく、水と闘う首都圏外郭放水路のスケールはまさにギネス級。水を取り込む直径30メートル、深さ70メートルにおよぶ5本の巨大立坑をはじめ、地中深く6.3キロメートルにわたって走る直径10メートルの地底トンネル、重量500トンの柱が59本もそびえるマンモス水槽、そして、毎秒200立方メートルの水を排水する14000馬力タービンなど、そのすべてが想像を超えるスケールです。
 洪水に強い都市づくりの一翼を担い、文字通り縁の下の力持ちとして首都・東京の安全を支える首都圏外郭放水路。ここでは、最新テクノロジーを駆使したさまざまな施工技術や管理システム、そして、巨大放水路を支える主要施設、排水システムなど、その全貌を紹介いたします。
プロジェクトの経緯と必要性
 中川・綾瀬川流域の埼玉県春日部市および周辺市町は、荒川・利根川・江戸川などの大河川に囲まれたお皿の底のような低い平地が広がっています。そのため、中川・綾瀬川の勾配は緩やかで水が流れにくいという特徴があり、ひとたび大雨が降るとすぐには水位が下がらず、これまでしばしば浸水被害をもたらしてきました。
 また、中川・綾瀬川流域では首都圏のスプロール的開発(都市の無秩序な拡大)に伴い、下流域から中、上流域へ著しく市街化が進み、人口・資産が集中しています。特に、東京から20〜40キロメートル圏域の市街化率は約50パーセント程度(平成22年)であり、今後さらに中流域の開発が進められるものと予想されます。 
 こうした慢性的な浸水地帯である中川・綾瀬川流域において、治水対策としてこれまで実施してきた下流域から順次改修を進める方式に加え、浸水被害解消のため水防災上の抜本策として建設が進められたのが、良好な住宅地供給を目的として大都市法にも位置づけられている主要プロジェクト「首都圏外郭放水路」なのです。
目的
 首都圏外郭放水路の整備は、中川・倉松川・大落古利根川等の洪水の際、その水の一部を江戸川へ放流するために各河川間を地下で結ぶ放水路を建設したもので、これにより流域の浸水被害を解消または軽減し、より安全で良好な生活環境を創造します。





長澤こうすけの日々発信は下記から
ウェブサイト http://www.kosukenagasawa.com/
Facebook https://www.facebook.com/nagasawakosuke.official/

Youtube  https://www.youtube.com/channel/UCm5cazAt_9-Z0RQ1nBIVlpA?view_as=subscriber


長澤 興祐の他のブログを見る
政調副会長
建設委員会 副委員長
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員
足立区議会議員/白石 正輝 リレーブログ【第1371号】

社会保障と医療改革を問う

【2018年12月 1日(土)】
九月二十一日、私は足立区議会本会議に於いて「少子超高齢社会における社会保障の維持と医療行政」について質問を行った。
 私は足立区議会自民党にあっては福祉と医療を管轄する「厚生委員会」に所属し、足立区議会厚生族として、福祉の向上と医療の改善充実をめざして活動を続けている。
 この活動を通して高齢者福祉や障がい者福祉は二十三区は勿論、全国でもトップレベルとして「福祉を語るなら足立区を見習え」と言われるようになった。
 歯に衣を着せない白石区議の提言は多くの区民の皆様からも絶賛されている。かたわら最年長の議員として、後進の指導にも熱心に取り組んでいる。質問原稿は、他の追従を許さない絶品であると評されている。
白石 正輝の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
厚生委員会 副委員長
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員

top