自由民主党足立区 WebSite

議員ブログ< 2019 年 5月のブログ>。自由民主党足立総支部連合会所属議員のブログです。

都議会議員/高島なおき リレーブログ【第1393号】

足立区長選・区議選

【2019年 5月26日(日)】
王道の意味を調べてみた。
@儒教では人徳による政治
A一番近い道を進む安易な道の2つがある。
Aについては「学問に王道なし」で使われ、楽なやり方で習得できるものではないと戒める。
足立区長選・区議選で激戦が展開。
選挙の渦中を飛び廻り、あらためて再認識したのは「選挙に王道なし」という言葉だ。
まさに常在戦場を意識せねばならない。

高島なおきの他のブログを見る
足立総支部連合会 副会長
警察・消防委員会
足立区議会議員/長澤 興祐 リレーブログ【第1392号】

一期4年間を振り返り。そして二期目へ挑戦

【2019年 5月17日(金)】
4年前高島先生の下を離れ、区議会に初めて挑戦した頃、秘書経験はありましたがス
ピーチは大の苦手で、最初の座談会では、あまりの下手さにおばあさんが泣いてしま
ったこともありました。
今でも人前で話すのは得意ではありません。ですが、この仕事を選び応援していただ
いている皆さんに応えるためにも、昨日より今日、今日より明日と、成長できるよう努
力してきました。
これが任期最後の投稿になるので、この一期4年間で感じたこと、思ったこと、そして2
期目でやらなければならないことを書きたいと思います。
・日本全体が高齢化している事はみなさんご存じの通りです。みなさんも生活の中で
実感されているのではないでしょうか。まちから子どもの姿が減り、以前より若者に活
気がないことを。
高齢化対策は緊迫しています。やらなくてはいけないことがたくさんあります。
だからこそ高齢者を支える20代.30代.40代50代の活力が必要です。この足立区を、日
本を創ってきた先輩たちを支えるのが、いまを生きる30代の私の使命です。
区も様々な施策を行っています。ですが、私はもっと大胆に切り込むべきだと思って
います。私は就職氷河期のいわゆるロスジェネ世代の人間です。友達はみんなそれ
ぞれ仕事を一生懸命頑張っています。でも、枠からはみ出そうとしない。心配で、失敗
を恐れています。
私たちの世代が委縮してしまっていては活力は生まれません。
だからこそ、挑戦できる環境を整え、仮にその道がダメだったとしてもやり直しが効く
んだという空気をつくっていく。それが37歳の私の役割の一つでもあります。
・高齢化社会の中で、人だけでなく、インフラや施設も老朽化してきています。バブル
時の建設ラッシュから40年。それらの更新やあり方を、現代と次の時代を捉えて進め
ていかなくてはなりません。
当時は想像すらできなかったゲリラ豪雨。猛暑。地震への対策は一層強めていかなく
てなりません。行政だけでは安全なまちを創ることはできません。まちのみなさん一人
ひとりの協力が必要です。
秘書時代から、区議の4年間で多くの相談を受けてきました。防犯カメラの相談から、
高齢者施設の相談まで。なかには、少し残念に思う声・相談もありました。
保育施設や小学校での子どもの声がうるさいという声。ゴミ出しをいつでも好きに出さ
せてくれという声。
世の中が便利になり、好きな人と簡単に繋がることができる一方で、地域における人
の繋がりは希薄化しているように思います。
区内の町内会・自治会の加入率は年々減少しています。
隣にどんな人が住んでいるのか知らない、というのは決して珍しいことではありませ
ん。そんな人と人とのつながりの希薄さが、思いやりのない相談に繋がっているので
はと思っています。
いつ起きてもおかしくない災害では、助け合いが必要です。でも、普段からコミュニケ
ーションを取る機会がないと、どんなに区が対策を整えていても効果を発揮できませ
ん。
専門家はこれをソーシャルキャピタルと呼んでいます。その意味は社会関係資本。
地域の人間関係はまさに資本であり資産です。
地域のつながりは災害時の助けになるだけでなく、高齢者の社会参画、ひいては健
康長寿にもつながります。

さらに、子ども達にとっても、世代を超えた交流はまったく違う視野や視点を与えてく
れるかけがえのない機会です。どんなに英才教育をしていても、人間関係を築くこと
ができなければ、社会で苦労するのはその子どもです。
だからこそ、いま、人とのつながり、地域のつながりを再構築する必要があると考えて
います。
足立区は23区で3番目に大きい区です。69万人が生活をしています。
だからこそ地域事情は全く異なり、一律ではありません。
区が実施する施策は地域特性に合わせてカスタマイズしていかなければなりません

区も住民ニーズを調査し合致するよう取り組んでいます。
しかし、区内を歩けば様々な声を拾います。大枠の方向性があっていても、それがぴ
ったり合致していないものも見られます。
だからこそ、地域の皆さんと行政の間に入って調整をする区議会議員が必要です。
区議は区民の代表です。
だからこそ、この4年間、みなさんの声を拾うよう、努めてきました。
現場に足を運び、この目で確認するということを繰り返してきました。
みなさんと共に、もっと好きになれる足立区をつくりたい、その一心で活動をしてきま
した。
出来たこと出来なかったこと、まだ途中なこと、沢山あります。
この変化が早い世の中において、スピードをもって取り組むことは重要ですが、政策
の実行には、区民の声を聴き、十二分に検討する必要があります。
政策の実現には、時間がかかることもまた事実です。
37歳。政治の世界ではまだまだ若手ですが、だからこそ、数十年先を見据えた課題
にも、責任をもって取り組むことができます。
足立区は可能性に溢れた街です。
そんな足立区を、ここに住み、働く皆さんが今日よりも明日、「もっと好きになれる足立
区」となるよう、スピード感をもって、街づくりに取り組みます。
そして皆さんのお子さん、お孫さんが、「足立区に生まれてよかった」と思える街の実
現に向けて、10年、20年、30年後の未来を見据え、責任を持って、政策実現に取り組
みます。
4年前は高島先生の秘書という大きな看板がありました。鈴木進先生もいました。
2期目の今回は生身の自分の戦いです。苦しい戦いになることはわかっていました。
だからこそ毎日努力を積み重ねてきました。
今回の選挙は、この4年間の私への評価と、これからの時代を長澤こうすけに託せる
のか。この二つが試される選挙です。
どうか皆さんの力を貸してください。
皆さんの私を応援してくださる声が、お友達にご紹介いただける声が、
一緒に歩いてくださるその足が、私の希望であり、力です。
長澤こうすけに、皆さんの想いを託してください。
どうぞよろしくお願いいたします。

足立区議会議員 長澤こうすけ

日々の活動を発信しています。ご覧ください。
長澤こうすけ Official Website http://www.kosukenagasawa.com/
インスタグラムhttps://www.instagram.com/kosuke.nagasawa/

ツイッター https://twitter.com/kosukenagasawa
Facebook https://www.facebook.com/nagasawakosuke.official/

長澤 興祐の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
区民委員会 委員
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員
足立区議会議員/ただ 太郎 リレーブログ【第1391号】

足立区議会3期目に向けて

【2019年 5月15日(水)】
ただ太郎です。

2期8年間、皆様のお支えをいただき足立区議会議員として仕事をさせていただきました。

心から感謝申し上げます。

いよいよ足立区議会議員選挙が5月19日に告示されます。

これまでの経験を糧に、さらに足立区を前に進めるため微力ではありますが引き続き足立区議会で仕事をさせていただきたく決意を致しております。

自民党がやります。

足立区議会議員選挙では、自民党へお力をお与え下さい。

ただ太郎もこの選挙戦、議席を守るべく地元の皆様と一緒に戦い抜きます。

頑張ります!
ただ 太郎の他のブログを見る
政調副会長
総務委員 委員
議会運営委員会 委員
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員長
足立区議会議員/白石 正輝 リレーブログ【第1390号】

平成31年度足立区予算決定

【2019年 5月 1日(水)】
平成31年第一回足立区議会定例会が2月20日から開催され、足立区の各会計予算が無事決定した。
本年度は近藤やよい区長の最後の予算編成で「より力強く築こう・人生百年時代の礎」と銘打った予算であると区長は説明し自民党を中心に審議され決定した。
白石区議は歯に衣を着せない議論をする議員として期待されているが、「予算特別委員会」で今議会での最後の論戦に望んだ。
各会計の予算額は以下の通りである。

一般会計予算  2865億5千万円
国保特別会計   741億円
介護特別会計   616億円
後期高齢者特別会計 154億2千万円
合計  1376億8千万円

白石 正輝の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
厚生委員会 委員長
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員

top