自由民主党足立区 WebSite

議員ブログ<母校とのつながり<足立区議会議員/長澤 興祐/2019年 3月17日(日)のブログ>>。自由民主党足立総支部連合会所属議員のブログです。

足立区議会議員/長澤 興祐 リレーブログ【第1384号】

母校とのつながり

【2019年 3月17日(日)】
3/8毎日新聞朝刊にインタビューが載りました。

 

長澤興祐さん=1999年度卒

 「岩高(がんこう)でテニスをやったことが、すべてですね」。東京都の足立区議会議員、長澤興祐さん(37)=1999年度卒=は岩手中高時代、テニス部の主将を務め、国体などで活躍しました。「先生以上の存在」だった恩師とのつながりは今も深く、故郷を離れても東北との縁を大切にし続けています。【山内真弓】

 中学に入学したころは、やんちゃなことばかりしていました。何か問題を起こすと、先生たちに「お母さんを悲しませるな」と叱られました。母子家庭だったので、すべての先生がおやじやお兄さん代わりで、「先生」を超えた存在でした。校長先生ですら「こうすけ」と呼んでくれました。当時は反発もしたし、面倒くさいと思ったこともありました。でも、先生たちは絶対に見放さず、私と真剣に向き合ってくれました。怒られた後に先生と夜、ラーメンを食べたことも強く記憶に残っています。卒業してから20年以上たちますが、今は先生たちとお酒を飲む関係です。

 中1の時はサッカー部でしたが、部員は2人しかいませんでした。中2でテニス部の監督に誘われ、インターハイや国体に当たり前に出場する先輩の姿を見て「自分もそうなりたい」と強く思いました。中3で東北大会に優勝し、ますますテニスに打ち込みました。「負けられない。走り続けなければいけない」。そんな思いが芽生えたからです。そして、キャプテンになり自分のことだけでなく、周りのことも考えなくてはならなくなりました。テニスに集中してやんちゃをすることもなくなりました。先生もそのつもりで誘ったのでしょうか。

 家は盛岡市の隣にある矢巾町でした。電車の本数が少なく、自転車で片道45分かけて通いました。1年の半分くらいは遠征などに出ていたため宿題や課題をこなすのに苦労しましたが、学校のある日は朝7時前には登校し、朝練をしてから授業を受けていました。授業が終わると、自転車で田んぼや山を越えて公営のテニスコートに向かい、夜7時ごろまで練習して、また1時間かけて自転車で帰る。自転車に乗ってばかりでしたが「トレーニングになる」と前向きに捉えていました。高3の時に岩手でインターハイが開かれ、選手宣誓も経験しました。学校や地元の看板を背負い、プレッシャーを感じながらテニスを続けた経験は今の議員生活にも生きています。

 高校から入学する生徒が多く、岩中同期生は14人。中学からの仲間が少ない分、絆は深く、社会に出た今も、母校の縦や横のつながりを大切にしています。岩手に帰ると、仲間が集まってくれたり、東京での選挙を手伝ってくれたり−−。毎年東京で開かれる同窓会にも参加しています。

 足立区(東京)選出の都議の秘書になった縁で、足立区議になりました。リーフレットなどに書いてある出身地や母校を見つけ、後輩が訪ねてきてくれます。就職や下宿する場所の相談に乗ることもあります。政治家志望の人が来たこともありましたね。私も大学進学で上京したときは、環境の違いに戸惑い、苦労しました。東北では何かと周りの人が世話を焼いてくれますが、上京したては知り合いも少なく相談できる場所もありませんでした。上京して壁にぶつかった後輩には、一緒にご飯を食べながら、経験を交え励ましたりもしています。今後も岩手と東京のパイプ役になっていきたいですね。

 ■人物略歴

ながさわ・こうすけ

 1981年生まれ。日大法学部政治経済学科卒。中学からテニスを始め、インターハイや国体などに出場。日大テニス部では副キャプテン。大学卒業後もオーストラリアでテニスの指導に携わる。帰国後、民間企業勤務を経て都議の秘書に。2015年、足立区議会議員に初当選。今月、明治大学大学院修士課程を修了。

 

毎日新聞電子版 長澤興祐インタビュー

https://mainichi.jp/articles/20190308/ddl/k03/100/092000c

ウェブサイトでも日々の活動を発信しています。
http://www.kosukenagasawa.com/
https://www.facebook.com/nagasawakosuke.official/
長澤 興祐の他のブログを見る
足立総支部連合会 委員
区民委員会 委員
交通網・都市基盤整備調査特別委員会 委員

足立区議会議員/長澤 興祐のブログ一覧
  • 2020年 3月13日(金)<新型コロナウィルス>
  • 2020年 3月13日(金)<ランチ>
  • 2020年 1月13日(月)<トランジション>
  • 2019年12月13日(金)<トランポリンに注目して下さい。>
  • 2019年11月13日(水)<台風19号の爪痕>
  • 2019年10月13日(日)<いまこそ災害への対策議論を密に行うべき時>
  • 2019年 9月13日(金)<災害時協定を結んでいる千葉県鋸南町で>
  • 2019年 8月13日(火)<情報社会の中で思うこと>
  • 2019年 7月13日(土)<参議院議員選挙が終わり>
  • 2019年 6月17日(月)<2期目にやるべきこと>
  • 2019年 5月17日(金)<一期4年間を振り返り。そして二期目へ挑戦>
  • 2019年 4月17日(水)<選挙を目前に控え>
  • 2019年 2月17日(日)<岩手県矢巾町と明治大学大学院のパネルディスカッションに登壇>
  • 2019年 1月17日(木)<2019年頭>
  • 2018年12月17日(月)<水害対策について>
  • 2018年11月17日(土)<福島第一原発視察>
  • 2018年10月17日(水)<荒川環境美化活動2018開催>
  • 2018年 9月17日(月)<自民党総裁選挙A>
  • 2018年 8月17日(金)<8月15日終戦記念日>
  • 2018年 7月17日(火)<自民党総裁選挙>
  • 2018年 6月17日(日)<一般質問登壇>
  • 2018年 5月17日(木)<社会的包容力のある共生社会実現へ>
  • 2018年 4月17日(火)<別れと出会いの季節>
  • 2018年 3月17日(土)<委員会>
  • 2018年 2月17日(土)<川を通じて環境を考える>
  • 2018年 1月17日(水)<まちづくり>
  • 2017年12月17日(日)<環境問題を身近に捉える>
  • 2017年11月17日(金)<6年が経ち>
  • 2017年10月17日(火)<衆議院総選挙も後半戦へ突入!!>
  • 2017年 9月17日(日)<丁寧に説明、そして実行。>
  • 2017年 8月17日(木)<まちづくりビジョン>
  • 2017年 7月17日(月)<2017都議選を振り返り>
  • 2017年 6月17日(土)<いよいよ首都決戦に突入>
  • 2017年 5月17日(水)<役割を果たす>
  • 2017年 4月17日(月)<伝統をつなぐ>
  • 2017年 3月17日(金)<予算特別委員会>
  • 2017年 2月17日(金)<刺激を受ける必要性>
  • 2017年 1月17日(火)<激動の一年を成長の年に>
  • 2016年12月17日(土)<気づくと早いもので今年も残すところ2週間。>
  • 2016年11月17日(木)<歴史の流れを感じる>
  • 2016年10月17日(月)<足立の未来をみんなで考え決めていく。>
  • 2016年 9月17日(土)<Rio→TOKYO>
  • 2016年 8月17日(水)<国を背負って>
  • 2016年 7月17日(日)<選挙を通して国の将来と向き合う>
  • 2016年 6月17日(金)<間もなく参議院議員選挙>
  • 2016年 5月17日(火)<あの選挙から今日でちょうど一年。>
  • 2016年 4月17日(日)<熊本震災に>
  • 2016年 3月17日(木)<予算から区の課題を見つめて>
  • 2016年 2月17日(水)<実感体感をするために>
  • 2016年 1月17日(日)<水と土の処理・循環の大切さを改めて実感>
  • 2015年12月17日(木)<切磋琢磨>
  • 2015年11月17日(火)<危険は身近に潜んでいる>
  • 2015年10月17日(土)<創造をツクル>
  • 2015年 9月17日(木)<減災>
  • 2015年 8月17日(月)<終戦から70年・未来に向かって>
  • 2015年 7月17日(金)<情報>
  • 2015年 6月17日(水)<長澤こうすけです。よろしくお願いします。>

  • top